« ベロニカは死ぬことにした | トップページ | M:i:3 »

2006年11月26日 (日)

ブレイブストーリー

  少年漫画やロールプレイングゲームのようなストーリーでした。
 
 異世界でのワタルとミツルの武器に注目してみました。 まず、ワタルは見習い勇者ということで、剣を使っていたんですが……
 「これ、剣じゃない!!」 
スケボーみたいに形が変わるし、ものすごく伸びるし、「剣の形をした道具」といったとこでしょうね。 
スケボーは宙に浮くのでエアーボードなんですが、絶対、「自動体制安定装置」とかついてますね。 剣術が必要ないし、これ、絶対に剣じゃありません。
 ミツルは魔法使いということで、杖を使っています。
ミツルは、ちゃんと自分の内から出る力で戦っていたと思いますね。 氷の魔法が得意みたいで「目的の為なら世界なんて滅びろ。」という冷たい感じが、しっかり出ていて良かったと思います。
 
 女神様に世界を救うよう願ったワタルですが、悪魔が出てこなかったら何を願っていたか気になりますね。 本当に運命を受け入れたんでしょうか? でも、ワタルは強くなったなあ。 男の子には「旅をさせろ」ってことだ。
  
(評)★★★** 鉛星
  

|

« ベロニカは死ぬことにした | トップページ | M:i:3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/171746/4319836

この記事へのトラックバック一覧です: ブレイブストーリー:

« ベロニカは死ぬことにした | トップページ | M:i:3 »