« B型の彼氏 | トップページ | インサイド・マン »

2006年12月 9日 (土)

パプリカ

 DCミニという、人の夢に入れる機械があるそうですね。 見た夢の映像を保存しておけるらしいです。「夢DVD(アイドル編)」とか発売されたら、売れそうだなあ。
 
 夢の中の世界に出てくる、狂ったパレードは、本当にわけがわからなかったです。もう、わけのわからない物として見た方がいいですね。 その中にいる日本人形の金切り声は、耳がキリキリするうるささでした。 
 「トラウマでもくらえ!」には笑いました。 強気に言ってるけど……
 「すごく陰気な攻撃だ!」
 
 
時田くんという、ものすごく不自然に太った人がいて、「夢の世界ではスリムになるんだろうなー」と思っていたのだけど……
 なりませんでした。
 
四角くなっていました。
 
 全編を通して観てみて、どうも科学臭かったので、好きになれなかったです。 最後に主人公のパプリカに一言。「妖精のとき、パンツ見えすぎ!」
 

(評)★**** 星一つ
 

|

« B型の彼氏 | トップページ | インサイド・マン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/171746/4475599

この記事へのトラックバック一覧です: パプリカ:

« B型の彼氏 | トップページ | インサイド・マン »