« 隣人13号 | トップページ | タイヨウのうた »

2006年12月15日 (金)

陽気なギャングが地球を回す

 カラフルな感じがする、楽しい銀行強盗でした。 演説には、ついつい耳を傾けてしまいましたよ。
 
 4人の強盗達が持つ、それぞれの能力が面白かったですね。「嘘発見能力」「体内時計」「スリ」「演説」。 体内時計の人は、運転技術の方がすごかったと思います。
 エンドロール時の演説は、聞いていて恥ずかしくなりましたね。「見知らぬ隣の人と恋が始まる」とか言っていて、映画公開時に一人で観に行っていたら、恥死ぬところでしたよ。
 
 「嘘発見能力」の成瀬は、最後までキザったらしくて、どうも好きになれませんでしたね。 ラストで放たれる銃弾が、脳天にヒットすれば良かったのにと思いました。 でも、ヒットせず、手前で不自然に破裂するんですよね。 あのへんの出来事は、これも含めて、かなり適当でした。
 
 「スリ」の人は、飼ってるジャンガリアンハムスターが、かわいかった。
 
(評)★★*** 梅星
 

|

« 隣人13号 | トップページ | タイヨウのうた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/171746/4562113

この記事へのトラックバック一覧です: 陽気なギャングが地球を回す:

« 隣人13号 | トップページ | タイヨウのうた »