« レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語 | トップページ | ハチミツとクローバー »

2007年1月13日 (土)

武士の一分

Dsc00050_1






 
 

 「武士の一分」とは何だ?という思いで観てみました。 主人公、三村(キムタク)の隙間のない格好よさが目立っていました。
 
 そんなわけで、キムタクの武士っぷりが良かったですね。 人に厳しく自分にも厳しい! 不倫した妻に「俺ん家から出てけ!」と言った後、別件で、「犬畜生にも劣る」と自分を律した姿は、まさに漢(おとこ)でした。
   
 夫婦関係が繰り広げられていましたが、現代の夫婦関係とは違い……
「完全に男が強い!」
 
テレビで、よく奥さんが旦那を蹴ったり馬鹿にしたりして「面白くて幸せだなあ」と思ったりしますが、この映画では、「美しくて幸せだなあ」と思わせてくれます。 
 男が強く、それに女が従っている感じで、男としては羨ましかったですね。美しい夫婦関係でした。
 
 ラストの決闘シーンは、一番、刺激があり面白かったですね。 僕は、島田が盲目のキムタクにどんな卑怯な手段で斬りかかるか興味が沸きましたが……
「登ったぁー!!」
 
馬鹿は高いとこから見下ろすのが好きといいますよね。でも、やられました。屋根を踏み込む音でバレてしまったんでしょうね。
 
 美しい旦那と奥さんの脇に、常に徳平という面白い感じのオヤジさんもいました。後から考えてみると影の盛り上げ人だったんだなあと思います。

 劇場を観賞した人全員にカップ麺「武士の3分」を配布!!
……というのは、ありませんでした。
 
(評)★★★** 上質鉛星
   

|

« レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語 | トップページ | ハチミツとクローバー »

コメント

始めまして!!私も見て来ました。アンチ、キムタクだったのですが、かっこE~思ってしまいました(^.^;)
最後の方(決闘が終わった後)の、笹野なんたらって俳優おもろかったです。

投稿: chi_ha | 2007年1月13日 (土) 午後 10時17分

chihaさん、初めまして!
 笹野さん、おもろかったですね。サーカスでいうところの、ピエロのような面白さだったと思います。
 キムタクは、ホント格好よかったですよね。

投稿: リーヴ | 2007年1月14日 (日) 午前 05時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/171746/4912793

この記事へのトラックバック一覧です: 武士の一分:

» 木村拓哉について [木村拓哉 画像]
木村拓哉(きむら たくや)がきになるあなたのための情報ナビ [続きを読む]

受信: 2007年1月13日 (土) 午後 11時35分

« レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語 | トップページ | ハチミツとクローバー »