« 映画感想ブログです | トップページ | トム・ヤン・クン! »

2007年1月 2日 (火)

LIMIT OF LOVE 海猿

 すごかったです。 3回泣けましたよ。「仲間に通じた時」「仲間を助けに向かう時」「仲間を助けた時」仲間を思う気持ちがすごい! 潜水士というのは、情に厚いヤツ等ばかりなのか!
 
 特に「仲間を助けに向かう時」が良かったですね。 船が沈み、もう絶望か…。という空気が本部で流れた時、僕は、「仙崎がすごい根性で這い上がってくるはずだ!」と、勝手なことを願ったけど、それより現実的な方法がありましたね。 そういえば、彼等は潜水士でした。
 
 仙崎は、さすが主人公というぐらいの働きでしたね。 はしごを登っていて、海水が上から滝のように流れ落ちてくるシーンは……
 「なんてすごい逆境なんだ!!」
 と、圧倒されました。 まるで、厳しい人生のような降りかかり方で、耐える仙崎に心打たれるものがありました。 僕も、金魚の名前とかを大介にしようと思います。
 
 海猿は、映画→ドラマ→映画の3部作らしいですね。 僕は、ドラマだけ観ていないけど、十分楽しめました。 テーマ曲もマッチしていて良かったですね。
 
(評)★★★** 上質鉛星
 

|

« 映画感想ブログです | トップページ | トム・ヤン・クン! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/171746/4768618

この記事へのトラックバック一覧です: LIMIT OF LOVE 海猿:

« 映画感想ブログです | トップページ | トム・ヤン・クン! »