« 燃ゆるとき | トップページ | 県庁の星 »

2007年1月20日 (土)

NANA2

Dsc00064 

 
 
 
 
 
 
 
 キャラのルックスが一人一人濃いので、ポスターを眺めていると、観賞欲が沸きますね。 
  
 今作は、ハチを中心に物語が展開していましたね。 ハチは不安定な女の子でした。 とても軽い気持ちで恋愛をしているようで、心がぐちゃぐちゃになっていましたね。 最後は、妊娠した状態でENDでしたが……
「ダメです。消化不良です。」 
 
もう一回、転落してもらって、自力で這い上がってみてほしいとこですね。 この子だけ主人公の映画「嫌われハチ公の一生」とかやったら観ますよ。
 
 ナナの方は、精神的に目立ったとこはなかったけど、気になるセリフを言っていました。 「流れに流される生き方もいいと思うよ………前に進めれば…。」って、僕は、流れに流される人間はマズイと思いますよ。 なぜなら、いい人にめぐり合えば、流れを前向きに導いてもらえるけど、悪い人に会えば、気づかないうちに騙され、後ろ向きに流されると思います。 流される人ってのは、そういう人の思惑通りにあやつられてしまうんですよね。
 少なくとも僕は、友達や自分の子供に「流されろ」とは、言わないだろうなあ。
 でも、そう思うと、ハチにとってブラストのメンバーは、貴重な存在なんだなあと感じますね。
    
 ラストのライブシーンは、慌ただしい感じだったので、じっくり見せてくれるバージョンもほしいとこでしたね。 「一色」っていう歌が良い歌だと思えるが故に。
 
(評)★★*** 梅星

|

« 燃ゆるとき | トップページ | 県庁の星 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/171746/5008315

この記事へのトラックバック一覧です: NANA2:

« 燃ゆるとき | トップページ | 県庁の星 »