« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月28日 (水)

ドリームガールズ

 Muvu
 
 
 
 
 
 
 
 
 「ワンナイトオンリー」という歌に惹かれ観てみました。 なので、ワンナイトオンリー熱唱のシーンは、「来た!」と歓喜しました。 このシーンは、少し短く感じたのでもっと長くても良かったぐらいです。 
他には、冒頭で見せてくれた「ムーブ」という曲も良かったですね。つかみはOKという感じの、爽快なノリでした。
 
 この映画は、ディーナ(ビヨンセ・ノウルズ)の美貌とエフィー(ジェニファー・ハドソン)の声が際立っていましたね。 
ディーナは見ていて飽きなかったですね、エフィーの歌声の方は、まさに破壊的でした。 感情を思いっきり乗せるような歌い方が、ものすごくて……
うすいグラスなら割りそうです。
それと、メンバーをクビにされた時の感情を歌ったシーンが面白かったです。その、歌いっぷりは、みっともない駄々っ子みたいだなあ、と思ったんですが、歌唱力は一人前なんですよね。 こんな子供がいたら、その子の母親は……
もれなくノイローゼですよ。
とにかく、大迫力でした。 この迫力は、映画館でないと味わえないと思います。目の前で歌われたら、歓喜と威圧で動けなくなるだろうな、と想像できた程。
 
 僕は、こういうストーリーの中に歌を盛り込むというような、ミュージカル映画は、あまり好きではありませんね。 なぜなら、ミュージカルは歌が魅力的なので、実際に舞台で見た方が感動できると思うんですよ。 なので、「ミュージカル映画は不完全。」と思ってしまいます。
まあ、でも、「ドリームガールズ」みたいなミュージカルを舞台で見ようとしたら、何十万と入場料がかかりそうなので、僕のような庶民は、こういう映画に感謝すべきかもしれませんね。
 
 音楽が一番良かったですね。観賞後のサウンドトラックCDが、かなり楽しめました。
  
(評)★★★** 鉛星
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月21日 (水)

採点についてのこと

 「プラネタリーヴ」の映画採点は、★を使った採点方法になっています。
★5つで満点です。採点基準は、以下の通り↓
 
 ★★★★★ ゴールドスター賞
 
最高! これは、ハマったという作品。 部屋の棚に並べておきたい永久保存版。
 
★★★★* シルバースター賞
 傑作! オススメしたい作品。 あと一歩で、最高傑作。
 ★★★** 鉛星(上質鉛星)

 良作。 「いい映画観たなあ。」と、胸の内で満足する作品。
 ★★*** 梅星

 普通。 「悪くはなかった。」「一応、観ておいて良かった」と思う作品。
 ★**** 星一つ
 退屈。 観ている最中に、終了時間が気になってしまった。個人的に好きではない。
 
 ★の横に書いた名前は、ちょっとした遊び心です。
   
   
 
 
 ↓おまけ
 <裏採点>
 10点 ゴールドスター賞
  9点 シルバースター賞
  8点 ブロンズスター賞
  7点 上質鉛星
  6点 並玉鉛星
  5点 量産鉛星
 
 4点 赤梅星
  3点 小梅星
  2点 星一つ半 
  1点 星一つ
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月19日 (月)

ブログの形

 たまには、普通に日記でもかいてみようかな~と思います。
 
 今、僕がはまっているものは……
ブログ!
そんなわけで、もともと、映画を観ることが好きなので、映画日記のようなものを日々つけています。 
 
 最初のうちは、ブログというものがイマイチわからず、さぐりさぐりでやってきましたが、最近は、自分のブログの形というものがまとまってきた感じがして、達成感というか自分探しの旅で何かをつかんだような思いです。
「文は人なり」という言葉があるように、こういうことは、やっぱり大事なんだと思いますね。
 
 これからは、ブログに来てくれた方が、もう一度来たくなるようなブログにしてみたいとこですね。 アクセス解析(何人のひとが来てくれたかがわかる機能)では、とてつもなく少ないので、まだまだ、先は長そうな気がします。 
 
 今は、映画「かもめ食堂」を観て、日々、マイペースにやっていくのがいいかなと思っています。
そろそろテンプレートでも変えようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月18日 (日)

かもめ食堂

Photo_18  
 
 
 
 
 
 
 と、豚身昼斗念! すごいインパクト。 もう、食堂の名前にすればいいと思う。 
片桐はいりが、「ねえ、とんみひるとねん。」と彼を呼ぶのが……
「妙に色っぽかった!」
たぶん、トンミ・ヒルトネンという名前自体が色っぽいんだと思います。
 
 かもめ食堂という、癒しのある食堂が繁盛していく話でした。 序盤では、まったく客が入らないということで、どんな手段を使って客を入れていくのか興味が沸きましたね。 
みどりさん(片桐はいり)は、ガイドブックに載せたり、オニギリに現地の人が好きそうな具を入れようとか、アイデアを出していました。僕もそうやって行動していくことは、良いことだと思いましたよ。 
しかし、店主のサチエさんは、「通りかかった人がフラっと立ち寄りたくなる店にしたい」「それで、流行らなければそれでもいい」と受身姿勢でした。 そんなサチエさんを見て
「自分の料理と店に自身をもっているんだなあ」
と感じましたよ。 
だから、やったことといえば、「店から焼きたてのシナモンロールの匂いを出す」ぐらいしかやっていませんでしたからね。 
「かもめ食堂の運命は、店を建てた時に決まっていた。」
ということだと思います。 
 
 料理が良かったですね。 塩ジャケやとんかつに厚焼き玉子。それぞれの食べ物には、ほのかな光と暖かさが感じられ、とてもおいしそうでした。 
これは、店主のサチエさんが、一つ一つ丁寧に作っている、料理シーンがあるからではないでしょうか。 トングで食べ物を、一つ一つ生き物をつかむようにとったり、手についた小麦粉を、上品に限りなく静かにハラったりしていて、まさに…
「料理は愛情!」
ということを、感じさせてくれますね。 
もしも、この料理シーンが、すべてレンジでチンだったら、おいしそうには見えなかったと思います。
  
 この映画を観た後は、無性におにぎりが食べたくなりますね。「かもめ食堂のおにぎりセット」なんて発売されていたら、間違いなく買っていましたよ。
 サチエさんいわく、この世のおにぎりは、ウメ、シャケ、おかかの3つだけでいいそうです。 そう言うなら、僕はおかかもいらないと思いますね。徹底して2つでいいです。 それと同じように中華まんも、肉とあんこだけでいいですね。  
 
(評)★★★★* シルバースター賞
 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月15日 (木)

イヌゴエ

Photo_14 







 イヌが喋る!しかも関西弁で。 犬の気持ちが、わかるってのは嬉しいもので、パッケージのフレンチブルドッグのかわいさにもつられて観てみました。 
 
 実際は、動物の声が聞こえる青年ということでしたが、犬が気持ちを話しているのは微笑ましいものですね。 トイレでおっさんの尿の匂いを嗅いで、「糖尿病で死ぬわ」と言っていたのは、面白かったですね。 嗅覚の情報は、人間より確かなので、真実味が医者よりすごいと思います。
 青年が思いを寄せる美女が飼っている、ルーちゃんっていう犬は、結局、最後まで話しませんでしたね。 心のキズは、かなり深かったんだなあ。 まあ、ルー大柴の声で喋らなかっただけ良しとしましょう。
 
 「この映画を観ると、視覚を通じ脳に影響を与え、犬の声が聞こえるようになります。」
……というのは、ありませんが、実際に劇中でおじいさんがやっていたように、犬の目や仕草を見て、何を思っているのか考えてみるのも面白いかもしれませんね。
 
 犬を飼ってる人には、オススメの一本です。 終盤で、フレンチブルドッグ(ペス)や美女(ちぬ)の驚き事実も用意されていて、映画としても十分楽しめました。
  
(評)★★★★* シルバースター賞 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月13日 (火)

バブルへGO! タイムマシンはドラム式

 バブル期は、よく知らないけど、どんなんだったの?という思いで観てみました。 
 
 「ものすごく楽しい時代だったんだぜえ!いいだろ。」という、まさに、バカ丸出しな感じが楽しそうでした。  
お金に、全く重みを感じないんですよね。バラまいている訳でもないのに、ちょっとだけ声をかけた女の子にタクシー代として、一万円を持たせたり、ビンゴの景品で200万円渡したり、お札が宙をまっているかのようでした。
 とにかく、楽しいってのは、伝わってきました。 更に当時流行っていたノリのいい音楽が、ガンガン流れていて楽しさが2倍になっていたと思います。
  
 でも、本当にこんなに楽しかったものかな、と思い当時20代そこらだった人に、祖父に戦争の話を訊くような感じで訊いてみたんですが、僕の周りでは、「別にそんな変わらんよ」と言う人が多かったですね。 少し残念でした。 ジュリアナ東京というぐらいなので、東京人が一番詳しそうですね。 戦争で言うところの、戦火の真っ只中にいた人ってとこでしょうか。 まあ、やってることは今から見るとバカっぽい感じがしますけどね。 
 
 バブルの光景以外でも、全体的に面白く作ってあると感じました。 「きくねぇ~」「約束はしたけど守るとは言ってない」っていうセリフは、是非日常でも使ってみてくれ、と言う感じで使われていましたね。 とりあえず、ワサビを食った時に使わせてもらいましたよ。
 あと、「殺りく電家製品」
 
これは、製作者側もいろいろ考えたでしょうね。 1m先のゴミを燃やせる電気ストーブとか。マッサージチェアなんかは、全身の骨をまんべんなく砕きそうです。 僕も考えてみましたが、そう思うと扇風機と掃除機ってのが一番良さそうですね。 
 
  バブル期という雰囲気が楽しい映画でしたね。広末涼子や阿部寛も、その雰囲気に合わせて大暴れ!という感じです。 ハイテンションでした。
 
Photo_16  
 
 
 
 
 
  
↑一番ハイテンションになったと思われる人
  

(評)★★★★* シルバースター賞
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月10日 (土)

墨攻

Photo_12  
 
 
 
 
 
 
 
 
 「10万の敵にたった一人で挑む」ということで、主人公(革離)の、熊みたいなおっさんが、どんな知略を見せてくれるか興味が沸き、観てみました。
 
 敵側も普通に戦略をたてていて、それに対して革離が面白戦術をたてていて、という形が良かったですね。 戦術の中で特に面白かったのは……
「硫黄臭攻撃。」
あの、理科の実験で多くの小中学生を苦しめた、卵が腐ったような臭い。 ひるませるには、十分な効果がありますよ。 あと、もう一つ……
「馬糞鎮火方。」
ワラの屋根に糞を塗り、湿気を含ませて、敵が撃った火矢の火を消してしまいました。 肥料にしか使えないだろうと思っていたものが、こんな形で活躍するとは、驚きでしたね。
 こんな臭いもので、攻守を立てた革離は、どんな人間でも、利点を見いだし使ってくれるという感じがあり、民衆に支持されて当然ですよね。
  
 革離の坊主頭は、ちょんまげみたいな髪型や、後頭部にやたらボリュームのある髪型の中で、ひときわ目立っていましたね。 革離だけ、普通の現代人っぽさが出ていて、好感でした。 
 
 この映画は、主人公がとても禁欲的な人なのでワクワクする感じが、あまりありませんでしたね。 
 欲といえば、個人的な欲を言わせてもらうと、他の墨家の人たちも見てみたかったとこですね。 たとえば、墨家で幼き頃から、その技のすべてを叩き込まれて育った……
「犬!」
とかでもいいので…。
 
(評)★★*** 梅星
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 8日 (木)

幸福な食卓

 この映画……
「好きです!」
愛すべき映画といったとこですね。 ラストで、主題歌の「くるみ」が流れるシーンでは、感動の余韻に浸りながら、思わず熱唱してしまった程です。 これは、カラオケより気持ちいい!
 
 キャラクターの個性が一人一人光っていて、魅力がありましたね。
 主人公の佐和子は、幸福な顔だなあ、と言いたくなる和やかさでした。そんな佐和子が、恋人の勉学くんと恋愛しているシーンは、あまりの和やかさに、頭がポ~~っとなってしまいましたよ。 幸福感というものを味わえたと思います。 でも、不意に気持ちいいことが続くと不安になるもので、佐和子が、セーターを編み終えたあたりで、「これは、映画だ。なにか良くないことが起こるはず」と、夢の中で、これは夢だと自覚するように、気を構えていたんですが………
  
 「ヒィィ!何て非道いことするんだー」
今までの佐和子の表情が曇ると思うと、この事実は、たまらなく嫌でした。
  
 あと、父さん。 
 この人は、冒頭で「父さんをやめようと思うんだ」と言った時から、常に死にそうで、怖かったですね。 死神でも憑いているようでした。 なので、「何で父さんは、まだ生きてるのよ。」というようなことを佐和子に言われたときは、
「ヒィィ!やめてあげてー!父さんが死んじゃう!」
と、ハラハラしましたよ。 目が離せない父さんでした。
   
 小林ヨシコという兄の恋人も良かったです。 この人は、猟奇的な彼女でした。兄を殴ったり、無断で人ん家に侵入してきたり、大胆でした。 兄へのクリスマスプレゼントである、自分の似顔絵なんかも、似顔絵師の胸ぐらをつかんで「かわいく描けるまで、何回も描かせるわよ」ってやっていそうですね。
 そんなヨシコさんも、手作りのシュークリームを作るなんていう繊細な一面がありましたが……
「シュークリームも猟奇的でした。」
卵の殻入りとは、恐れ入りましたよ。
  
 この映画は、家族の良さ、出会いの良さを教えてくれましたね。 まずは、この映画に出会えたことを感謝しておこうと思います。 「面白かったです。」
 主題歌の歌詞で「出会うことで意味ができたらいい」とあるように、その人に出会ったことで自分にどんな影響があったか考えてみるのも面白いかもしれませんね。
  
↓「小林ヨシコの猟奇的シュークリーム」
Photo_10    
 
 
 
 
 
 
 
(評)★★★★★ ゴールドスター賞
  

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 7日 (水)

ディア フレンズ

Photo_7       
         
       
 
 
 
 
 
  予告編で本仮屋ユイカが、自分の胸を刺していたとこで、観賞欲が萎えたんですが、頑張って観てみました。
   
 胸を刺すシーンなんですが、やはり痛々しくて、ショックでアゴが半開きのまま固まりましたよ。 こんな狂ったことで、人をげんなりさせて……
「このクレイジーフレンズめ!!」
 
と思ったりしましたが、必然的な理由がありました。手馴れたような手つきで、カッターナイフの刃を出すとこは少し怖かったですね。 「婦長ー!そいつは胸を刺すぞ!早く止めろぉー!」という思いで見ていました。
 このシーンを、男が観る場合、イマイチ痛みがわからないと思うので、こうやって見るといいんではないでしょうか……
「胸を自分のタ○キンに置き換えて観てみる。」
これは、まさに身(実)の縮まる思いを体験できると思います。
    
 主人公のリナは、美人でエロくて目立ちまくりでしたが、僕は、マキの方が印象的でしたね。リナも覚えてないような昔の恩を大切にして、その人のために胸を切るという切腹みたいなことをして……
 「武士か!」
って思いました。外国人が観たら、「オー、サムライガール!ムネキリー!」なんて言いそうですよ。マキちゃんが主人公で進めるなら題名は……
「サムライフレンズ」
 
でいいと思います。 
   
 「友達は必要ですか?」と、多くの人に問いかけていますね。 僕は、必要、不必要と言う前に、「友達」という言葉自体が嫌いです。 なんか使うたびに呪いみたいに重く感じて、気恥ずかしくも、気持ち悪くもなる言葉なんですよね。 使い古されているからでしょうか。 
でも、お互いの醜態から自慢まで「何でも気がねなく話せる人」は必要だと思います。
     
 この映画での友達とは、「たとえ顔がぐちゃぐちゃになっても付き合える人」ということでしょうか。 
キレイに言うと「心で付き合える友(心友)」ですね。 
そういえば、ジャイアンの名言で「お~、心の友よ」というのがありましたね。 まあ、どうでもいいことですけど。
Dsc00096  
 
 

 
 
 
↑盛大にやりすぎた。
 
 
(評)★★*** 梅星
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 3日 (土)

日本沈没

 僕らの日本が沈没!?と言う思いで観てみました。 身近なんで興味が沸いたのかな。 「愛知県だけ沈没」と言われたら、愛知県民として更に興味が沸いたかもしれません。
 
 日本が崩壊していく映像は、見応えがありましたね。 噴火、地割れ、津波に、建築物の損壊など、日本沈没のシュミレーション映像として見てみてもいいですね。 
 僕が、見ていて恐ろしいなあと思ったのは、人がボロボロと肉そぼろみたいに谷底へ落ちていくシーンですね。 地球からすれば人間なんて小さいもんだと感じさせられましたよ。
 
 柴咲コウのレスキュー隊員は、さすがに無理があったんじゃないかなあ。セクハラで集団訴訟でも起こす話になりそうでしたよ。
 
 草薙剛の方は、最後に見せ場があったけど、イマイチでしたね。 僕としては、定食屋常連のオヤジ三人衆の方が良かったですね。 海外へ避難しなくてはならないとか、溶岩が迫ってきているとか、そういう情報が流れるたび前向きなジョークで笑い飛ばしていました。 これは、親をなくした美咲ちゃんという女の子を暗い思いには、させてはいけないという彼らの思いやりなんですよね……
「な…、なんて格好いいんだ…!」
「溶岩でもんじゃ焼いて食っちまおうぜ!」なんて名言です。チェリーパイでも何でも焼いちまってくださいよ。 
「もう、あんたらがSMAPです。」
   
 
最終的に完全沈没にはなりませんでしたが、領土が減りましたね。これから日本はどうなっちまうんでしょうか? 沈没した町からお宝をGETする為……
スキューバーダイビングが流行りそうです。
 
(評)★★*** 梅星
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »