« 幸福な食卓 | トップページ | バブルへGO! タイムマシンはドラム式 »

2007年2月10日 (土)

墨攻

Photo_12  
 
 
 
 
 
 
 
 
 「10万の敵にたった一人で挑む」ということで、主人公(革離)の、熊みたいなおっさんが、どんな知略を見せてくれるか興味が沸き、観てみました。
 
 敵側も普通に戦略をたてていて、それに対して革離が面白戦術をたてていて、という形が良かったですね。 戦術の中で特に面白かったのは……
「硫黄臭攻撃。」
あの、理科の実験で多くの小中学生を苦しめた、卵が腐ったような臭い。 ひるませるには、十分な効果がありますよ。 あと、もう一つ……
「馬糞鎮火方。」
ワラの屋根に糞を塗り、湿気を含ませて、敵が撃った火矢の火を消してしまいました。 肥料にしか使えないだろうと思っていたものが、こんな形で活躍するとは、驚きでしたね。
 こんな臭いもので、攻守を立てた革離は、どんな人間でも、利点を見いだし使ってくれるという感じがあり、民衆に支持されて当然ですよね。
  
 革離の坊主頭は、ちょんまげみたいな髪型や、後頭部にやたらボリュームのある髪型の中で、ひときわ目立っていましたね。 革離だけ、普通の現代人っぽさが出ていて、好感でした。 
 
 この映画は、主人公がとても禁欲的な人なのでワクワクする感じが、あまりありませんでしたね。 
 欲といえば、個人的な欲を言わせてもらうと、他の墨家の人たちも見てみたかったとこですね。 たとえば、墨家で幼き頃から、その技のすべてを叩き込まれて育った……
「犬!」
とかでもいいので…。
 
(評)★★*** 梅星
  

|

« 幸福な食卓 | トップページ | バブルへGO! タイムマシンはドラム式 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/171746/5290963

この記事へのトラックバック一覧です: 墨攻:

« 幸福な食卓 | トップページ | バブルへGO! タイムマシンはドラム式 »