« 採点についてのこと | トップページ | ALWAYS 三丁目の夕日 »

2007年2月28日 (水)

ドリームガールズ

 Muvu
 
 
 
 
 
 
 
 
 「ワンナイトオンリー」という歌に惹かれ観てみました。 なので、ワンナイトオンリー熱唱のシーンは、「来た!」と歓喜しました。 このシーンは、少し短く感じたのでもっと長くても良かったぐらいです。 
他には、冒頭で見せてくれた「ムーブ」という曲も良かったですね。つかみはOKという感じの、爽快なノリでした。
 
 この映画は、ディーナ(ビヨンセ・ノウルズ)の美貌とエフィー(ジェニファー・ハドソン)の声が際立っていましたね。 
ディーナは見ていて飽きなかったですね、エフィーの歌声の方は、まさに破壊的でした。 感情を思いっきり乗せるような歌い方が、ものすごくて……
うすいグラスなら割りそうです。
それと、メンバーをクビにされた時の感情を歌ったシーンが面白かったです。その、歌いっぷりは、みっともない駄々っ子みたいだなあ、と思ったんですが、歌唱力は一人前なんですよね。 こんな子供がいたら、その子の母親は……
もれなくノイローゼですよ。
とにかく、大迫力でした。 この迫力は、映画館でないと味わえないと思います。目の前で歌われたら、歓喜と威圧で動けなくなるだろうな、と想像できた程。
 
 僕は、こういうストーリーの中に歌を盛り込むというような、ミュージカル映画は、あまり好きではありませんね。 なぜなら、ミュージカルは歌が魅力的なので、実際に舞台で見た方が感動できると思うんですよ。 なので、「ミュージカル映画は不完全。」と思ってしまいます。
まあ、でも、「ドリームガールズ」みたいなミュージカルを舞台で見ようとしたら、何十万と入場料がかかりそうなので、僕のような庶民は、こういう映画に感謝すべきかもしれませんね。
 
 音楽が一番良かったですね。観賞後のサウンドトラックCDが、かなり楽しめました。
  
(評)★★★** 鉛星
 

|

« 採点についてのこと | トップページ | ALWAYS 三丁目の夕日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/171746/5510046

この記事へのトラックバック一覧です: ドリームガールズ:

« 採点についてのこと | トップページ | ALWAYS 三丁目の夕日 »