« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月24日 (土)

ホテル・ルワンダ

 評判がとてもいいので観てみました。 1994年にルワンダという国で起きた、大量虐殺をもとにした映画みたいですね。
 
最近、このへんの年代に日本で起きたというバブル期の映画を観たんですが…
違う国では、こんなむごいことが起きていたなんて!
日本人ウカれてる場合じゃナイヨー!
 
 
 ん~、虐殺が起きていたということが怖かったですね。
子供が「助けて」と言いながら殺されたり、湖に何百という数の死体が見つかったという情報が主人公に流れ込んできたんですが……
 
虐殺のスケールのでかさを物語っています。
 
 しかし、いまいち心にはピンときませんね。「へえ、そうなんだ」ってくらいです。カメラマンの人が、
「世界の人たちは、この事実を知っても、なんら気にせずディナーを続ける
と言っていたように、僕も、カップヌードルを片手にディナーを続けます。
 
 しかし、さすが、映像で見せてくれましたね。ここのシーンは、製作者側も力を入れたんではないでしょうか。 
 
道路に死体が点々と倒れているシーン。
 
気味の悪い薄ぐらさと事実が合わさって、すごい恐怖映像に仕上がっていたと思います。
 
 
 あと、殺している人間も怖かったですね。 主人公が、その殺りく者に、
「まさか、一人残らず(虐殺対象を)殺せるとは思ってないだろ」と訊いたら、
「何言ってる。もう半分まできてるんだぜ」
 
…って、「やれると思ってる!!」 もう、狂ってるとしか言いようがありません。あなたの頭が半分以上イカれてますよ。 こんなのが、あと何百人といるなんて…!
 
 
 そんな中で生き抜いてきた、主人公ポールは、すごかったですね。 人々を守っていて、もう、偉人と称えるしかありませんよ。
 
「守る男、ポール・ルセサバギナ!」
 
家族がピンチになってる時に、持ち前の頭の良さで、切り抜けていく姿は、見習うべき見所だったと思います。 
そして、終盤では、それまでポールに偉そうにしてた五ツ星の将軍と対等に渡り合っていたので、格好良かったですね。
 
 
 この映画は、公開署名運動まで起きたほどすごいらしんですが、僕には、絶賛というほどではありませんでしたね。 少し苦手な感じの映画です。
 
 でも、ルワンダについて興味が沸きましたね。僕のようなトンチンカンにそういう思いを抱かせたということで、大成功なんではないでしょうか。
    
 (評)★★*** 梅星
 
 
ブログランキングへ!
  ↑良かったらクリックをお願いします。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月22日 (木)

ナイトミュージアム

骨のティラノサウルスが出てきたとこだけでは、観賞欲は沸きませんでしたが、えらそうなおっさんが動き出してるとこを観たら観たくなりましたね。 何で偉いのかは、わかりませんが、偉人そうで自分の言葉を持ってる人と話すのは、面白いものだと思いますよ。
 
 博物館の人形が丸ごと全部動くってこと自体が面白いですね。 もう、展示物たちが昼間の見物客みたいにウロウロと行き来しているんですよ。

この現象を考えてみたんですが…
人形に意思だけ入り込んだってとこでしょうか。魂が入ったとも考えましたが、そうだと、原始人は火起こしばかりやってないで狩にも出かけるはずなんですよね。
……う~ん、でも、偉人のおっさんやミニミニ人間たちは、自分で考えて行動しているんですよね。
結局、よくわかりませんでした。 この映画でこういうことを考えるのは野暮なことかもしれませんね。「楽しければいいじゃん」という感じです。
 
でも、ただ一つ思ったのは、ティラノサウルスは、間違って犬の何かが入っちゃったんだなあってことですね。
 
 
 主人公が、展示物たちと信頼関係を築いていくという展開も良かったですね。 主人公は、博物館の夜間警備の仕事をしているということでしたが、 これは…
 
学校教諭の仕事っぽいですね。
 
そう思うと、「いるね、こんな問題児」と思いながら観れて面白いと思います。
けんかするミニミニ人間たち、イタズラ猿、しっかりものの学級委員っぽいおっさん。いろいろいます。
 
まあ、博物館教諭の方は、歴史の本を読めばある程度解決できるので、その分、実際の教諭より楽そうなんですけどね。
 
 
 楽しめた映画でした。 日本の歴史資料館なんかも動き出させてみたいと思ったりしましたね。
でも、日本でこんな映画をやるなら……
 
フィギュアが大量に置いてある秋葉原丸ごとが一番面白そうです。
 
Photo_27  
 
 
 
 
 
 
(評)★★★** 鉛星
 

ブログランキングへ←良かったらクリックをお願いします。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月20日 (火)

ハッピーフィート

Happy 
 
 
 
 
 
 
 
 ペンギンが、かわいらしくて、歌って踊ったりで、とりあえず、楽しめるであろうこと確信しながら観てみました。
 
 期待通り楽しませてもらいました! 赤ちゃんペンギンのフカフカしたような姿には、思わず「ワシャワシャ」としたくなるようなかわいさがありましたね。 
最近、嗅覚に訴えかけられる映画を観ましたが、今回は触覚に訴えかけられてしまいましたよ。 
「その体毛を手のしわにすりこまさせてくれえぇぇ~」
という感じで狂いそうでした。
  
 映画前半は、雪の白と海の青。2色だけの世界がシンプルで良かったですね。
この映像は、壮大な癒しがあって個人的にかなり好きです。
 
そんな世界をフルに生かすようにやっていた、雪面滑走と水中遊泳のシーンは……
「スピード満点!スリル満点!のダブル満点!」
でした。 
観た後は、ジェットコースターに乗った後のような感覚が残ったような感じがして、楽しすぎでしたよ。
映像アトラクション、「青のジェットコースター」「白のジェットコースター」という名で宣伝してしまってもいいんではないでしょうか!?
  
 後半で、主人公マンブルは、住処で深刻になっている、食料不足をなんとかするために、原因をつきとめる旅に出るんですが…
僕だけでしょうか、ストーリーが進むにつれ、「あ~、この手のアニメの人間を見なきゃいけないのか…」と、気持ちが萎えてしまいましたね。 どうもあのツヤっぽい顔が苦手なんですよ。 
でも、その心配はありませんでした。人間は実写でしたね。
しかし、なんかなあこの感じは、僕は、その人間の姿がとてもおぞましく思えてしまいましたよ。 
たぶん、人間が出てくる前にマンブルが人間のことをエイリアンと言いまくっていたからだと思います。 …ペンギンのせいにしてすみません。
「うわっ!何でこいつら体毛ないの!?気持ち悪ッ!」
と本気で思ってしまった僕は、すっかりペンギンワールドにハマってしまっていましたね。
 
 この映画は、期待以上に楽しめると思います。 特に中盤あたりで歌って踊る「ブギーワンダーランド」という歌がオススメですね。 
 
(評)★★★★* シルバースター賞
 

ブログランキング!
←水族館に行きたくなった!クリック。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月17日 (土)

ゆれる

  Dsc00124  
 
 
 
 
 
 
 
 
 評判がいいので、観てみました。 地味な人間ドラマだろうな、と思っていたんですが……
地味だけど深みがありましたね。 人生を、ゆれる吊り橋一本にたとえたとこは、面白いなあと感じました。
 
 登場人物の演技には、すごい魅力がありましたね。 まず映画の主役である兄弟なんですが、兄は格好わるい、弟は格好いいという感じが、ありありと出ていました。 
兄は、生命力が枯れ果てているようで、自分の父親の女房みたいになっていて、だめな雰囲気が出まくっていました。 僕から見ても、「こうなるのは、ちょっと勘弁」って思えてしまいますよ。 
でも、後半あたりで、自分の働いてるしょぼくれたガソリンスタンドに「カフェを開きたい」「写真なんか飾ったりしてさ」って理想をとつとつと語り始めた時は、「格好いいじゃん」って誉めたくなりましたよ。 
こういう手の届きそうな夢を聞くのは、じんわりと感動できていいものですね。 もしも、「タケル、俺、こんな仕事やめて東京に行ってビッグになろうと思うんだ」「テレビとかバンバン出ちゃってさ」って言ってたら、話に現実味が感じられず、「あ、そう。前向きでいいじゃん」と吐き捨てるように言ったとこです。
 
 あと、ダメ雰囲気といえば……
そう、真木よう子が良かったです。
とても、痛々しいんですよね。 兄弟とこの子の3人で川原に遊びに来て、いい天気だし、自然も観ている僕でも解放的になれる程キレイで、ここは、
「日常の嫌なことは、忘れてエンジョイしたーい!」
という気分に身をまかせるのが一番だと思ったんですが、この子ときたら…
「自身のどうでもいい話を暗々と話し始めやがった!」
そんなの夜とかに話せよ…。 そりゃオダギリも、排泄行為のせいにして逃げるよ。 僕もオダギリの自然に感動する心に感情移入してたので、そこのセリフは、ほとんど覚えてません。 
 
 終盤あたりは、裁判のシーンが多くなってくるんですが、またしても魅力あるキャラがいた! 
観たことある人なら一発でわかると思うんですが、検察官役のキム兄です。 必要に応じて感情を出し入れししてるような態度が面白かったです。 特に良かったのは、ひどいことを言ったことを怒られて、「すみません、つい感情的になりました」って謝るとこなんですが、
「謝罪の感情が微塵も込められていません!」
しかも、これで普通に裁判は進むので、そこらへんも面白いものですね。
「それでは検察官お願いします」という事務的な呼びかけが僕には、「イッツ、キム兄ショーターイム!」と聞こえてしまっていましたね。
 
 全編、観たあと脳天気ですが、「みんなポジティブに生きればいいと思う」と思いました。
 
(評)★★★** 上質鉛星
 

人気ブログランキングへ
←面白かったらクリックをお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月16日 (金)

サマータイムマシンブルース

Dsc00125 







 タイムマシンコメディーというような感じでしたね。 僕が知っているタイムマシン映画では、過去へ行って蝶を一匹踏み潰しただけで、現代が崩壊するというようなものでしたが、この映画では、「過去を変えると全部消えちゃう」と言ってるけど、まったく、緊迫感がありませんでした。
 
 全体的にもバカらしい面白さがありましたね。「もしもバカがタイムマシンを使ったら…」というものを楽しめばいいと思います。
登場人物のバカ男たちは、ノリだけでメチャクチャやっていて……
「常にハイテンションでした」
そんな彼らのにぎやかな姿を見ていると…
「自分も童心に返って本能のまま楽しみたくなってきますね。」
僕の気持ちがタイムスリップしました。
 
 バカ男ばかりの見苦しさの中で、上野樹里と真木よう子はキレイでしたね~。周りがアレだったので、この2人はとても美しく引き立っていたと思います。 あまりトラブルに干渉してない感じで、行動していなかったので、凛と咲く花のような活躍ぶりだったと思いましたよ。
 
 バカの発想が魅力的な映画でしたね。子供心を忘れかけた大人にこそ観てほしい一本です。
  
(評)★★*** 梅星
 

人気ブログランキング
←どうか投票をお願いします。
   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月15日 (木)

インビジブル2

Photo_25  
 
 
 
 
 
 
 
 前作で、透明人間の映像がいいなあと思ったので、今作も観てみました。 前作よりパワーアップした戦いのスペシャリストが襲いくる!というようなことを言っていましたが……
う~ん、前作と同じ感じでしたね。 単体で襲いくるなら、もっと個性を上げてください。 
 
 僕は、冒頭で軍隊が透明人間を捕まえに来た時に、あっさり捕まえて、それから、もっとすごいものを見せてくれるんではないかと期待したんですが……
「透明人間逃げやがった!」
もう、そこからイマイチでしたね。 
透明人間は、暗視カメラで姿を確認することができるらしいんですが、軍隊が持ってきた、でかい暗視カメラがダメです。 透明人間を追うため左右に振っていて、なんかつらそうでした。
「暗視ゴーグルぐらい支給してやれよ!」
って思いましたね。
 
 ラストの、おそらく見所であろう、透明人間VS透明人間もイマイチでしたね。 おっさん2人が全裸で殴り合ってるぐらいにしか思いませんでしたよ。 「主人公、負けないかな~」、とハラハラするより、「主人公、風邪ひかないかな~」という感じでハラハラしましたね。
 
 ついつい、細かいとこを指摘したくなった映画でしたが、90分という短さで手軽に観れたとこは魅力です。
前作を観ていなければ、割と楽しめるんではないでしょうか。
 
(評)★**** 星一つ
  

人気ブログランキング
←ク、クリックを…
  

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年3月14日 (水)

パフューム ある人殺しの物語

Photo_24  
 
 
 
 
 
 
 
 究極の香水、その原材料は?というキャッチコピーに惹かれて観てみました。
観賞前は、いったい何だろうと、いろいろ考えていましたよ。
  
Q、究極の香水の原材料とは?
 1、血
 2、肉
 3、エバラ焼肉のたれ
  
自問自答を繰り返していましたが、全部違っていました。 正解は体臭でしたね。この映画の主人公がわかっていれば、わかったかもしれません。
 
 主人公グルヌイユの香水を作ることへの執念には、恐れ入りましたね。 匂いを探究するために、生き物を、まるで「仕事だから」と言うように簡単に殺します。 終盤でも
「香水を完成させる!」
この一点だけの感情で動いていて、底なしの作成欲を感じましたよ。
 グルヌイユ自身も面白い人間でしたね。 超嗅覚という超人能力に加え、体臭がないという特性付き。 ちょっとした特撮ヒーローとして出てきそうです。 番犬の横を平気で通っていくとこなんか格好よかったですね。 必殺!犬抜け。
 
 そんなこんなで、究極の香水を完成させるグルヌイユなんですが……
「これ、香水じゃない!兵器だ!!」
ラストで群集に香水を振りまくシーンは、とんでもない光景でしたよ。 その匂いを嗅いだ人は、底なしの愛に目覚めるらしく、みんな、次々と服を脱いでいくんですが、変態すぎます。
「無差別集団エロかっ!」
というぐらいの大事件だったと思います。
とにかく、香水の威力は、バカかってぐらいのすごさでした。犬に吸わせたら安楽死しそうです。
 
 やたら嗅覚にうったえかけてくる映画でしたね。グルヌイユが匂いを嗅いでるシーンは、自分もつられて「くんかくんか」してしまいますね。
 
(評)★★★★★ ゴールドスター賞
 
 
人気ブログランキングへ←クリック。
 

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2007年3月10日 (土)

エレクトラ

Photo_21 
 





 ボブ・サップを含む、スーパー能力を持つ刺客たちが面白そうで観てみました。
 
 「ボブ・サップ弱っ!」
銃弾を受け付けない鋼の体を持っている割には、頭部への一撃であっさりやられてしまいました。 少し残念です。 まあ、運悪く首の骨が折れたとか、鋼の体の能力は、強靭な体を得る代わりに頭がプリンみたいに柔らかくなってしまうデメリットがあると思うことにします。 
 
 他の刺客たちも楽しみにしていたのですが……
「もう、お前ら一列に正座しろ!」
というショボさでした。 
まず、タトゥーを実物に変える能力を持つ男なんですが、「本体が攻撃されることを予測しとけよ」って思いました。 あと、「ああ~、体からヘビを出すの超きもちいい~」って小便してる時みたいな顔をしている時にやられたのでマヌケでしたよ。 
次に毒吐き女なんですが、エレクトラへの攻撃の殺傷能力が低いっ!「おまえ、キスしたかっただけだろ」って思いました。
とにかく、みんなあまりにも簡単に倒されるのでガッカリしましたね。 
 
 なんだかんだで好印象な映画ではありましたが、どうしても高評価という訳には、いきませんね。
 
(評)★**** 星一つ
 

人気ブログランキングへ
←ク、クリックを…

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年3月 6日 (火)

Gガール 破壊的な彼女

            G







  
 「破壊的彼女」ってのが惹かれますね。 迫力ある映像を期待して観てみました。 
Gガールは、セックスばっかやってましたね。 監督さんの「セックス大好き!」という意思が伝わってくるようです。 
 
 Gガールのスーパー能力が、見応えありました。 目からレーザービームを出したり、サメを都心まで持ってきたりと面白かったです。 日常で高速早着替えなんかもやっていましたね。
ラストでは、「Gガール」VS「Gガール2号」の激しい空中戦も見れました。 かつて「マトリックスレボリューション」という映画で、空中で2人の男が戦っている見事な映像を見て、「こんなアクションシーンを使った大作に、また出会いたいぜ」と期待を膨らましたものですが……

こんな、おバカ映画で出会えるとは思いませんでした! 
まあ、別にいいんですけどね。
 
 この映画を恋愛映画として見ると、「それ相応の女には、それ相応の男がちょうどいい」ってことですかね。 最終的にもそんな感じでまとまりましたし。
でも、だったらハンナのG能力は消すべきだと思ったんですが……
 
監督さんはセックス大好きなので、ああなりましたね。
バカだなあ(笑)って思いました。
 
 Gガールの、ぶっとびっぷりに飽きませんでした。 男が好きそうなバカエロ映画で、笑わせてもらいましたよ。
 
(評)★★★** 上質鉛星
  
人気blogランキングへ
Blogranking_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 1日 (木)

ALWAYS 三丁目の夕日

Photo_20  
 
  
 
 
 
 
 
 原作のマンガは、ちょっこっと読んだことがあります。 当時、小学生ぐらいだったんですが、子供にウケそうな絵で馴染んだっけなあ。 映画は、原作のいいところを全体から少しずつとって凝縮した感じでしたね。
 
 六子(掘北真希)という田舎臭い女の子が良かったですね。 暖かみのある赤ほっぺに、なまり言葉がかわいかったです。そんな子が、一人東京に出てきて頑張る姿は、癒されるものだなあ、と思います。
 
 原作を読んだ者から見て、アクマ先生がタヌキに化かされたというシーンは、「ここ使っちゃったかー」という感じで、クスリときましたね。
持っていた焼き鳥をタヌキにとられたという感じになっていたんですが、もしかしたら、アクマ先生を起こした警官がタヌキか!?とも考えられますね。 あと、夢がない考えですが、ただ、酔って道端で寝ていたアクマ先生の焼き鳥が食べたいだけに、警官がタヌキのせいにしたってのもありえますね。 警官の尻にしっぽがついてるか、口に焼き鳥のタレがついていなかったか確認したいとこです。
 
 全体的に、タイトルに「夕日」とあるせいか、暖かみがありました。 冬でも暖かみを感じる常温映画といった感じですね。
 
(評)★★★** 鉛星
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »