« エレクトラ | トップページ | インビジブル2 »

2007年3月14日 (水)

パフューム ある人殺しの物語

Photo_24  
 
 
 
 
 
 
 
 究極の香水、その原材料は?というキャッチコピーに惹かれて観てみました。
観賞前は、いったい何だろうと、いろいろ考えていましたよ。
  
Q、究極の香水の原材料とは?
 1、血
 2、肉
 3、エバラ焼肉のたれ
  
自問自答を繰り返していましたが、全部違っていました。 正解は体臭でしたね。この映画の主人公がわかっていれば、わかったかもしれません。
 
 主人公グルヌイユの香水を作ることへの執念には、恐れ入りましたね。 匂いを探究するために、生き物を、まるで「仕事だから」と言うように簡単に殺します。 終盤でも
「香水を完成させる!」
この一点だけの感情で動いていて、底なしの作成欲を感じましたよ。
 グルヌイユ自身も面白い人間でしたね。 超嗅覚という超人能力に加え、体臭がないという特性付き。 ちょっとした特撮ヒーローとして出てきそうです。 番犬の横を平気で通っていくとこなんか格好よかったですね。 必殺!犬抜け。
 
 そんなこんなで、究極の香水を完成させるグルヌイユなんですが……
「これ、香水じゃない!兵器だ!!」
ラストで群集に香水を振りまくシーンは、とんでもない光景でしたよ。 その匂いを嗅いだ人は、底なしの愛に目覚めるらしく、みんな、次々と服を脱いでいくんですが、変態すぎます。
「無差別集団エロかっ!」
というぐらいの大事件だったと思います。
とにかく、香水の威力は、バカかってぐらいのすごさでした。犬に吸わせたら安楽死しそうです。
 
 やたら嗅覚にうったえかけてくる映画でしたね。グルヌイユが匂いを嗅いでるシーンは、自分もつられて「くんかくんか」してしまいますね。
 
(評)★★★★★ ゴールドスター賞
 
 
人気ブログランキングへ←クリック。
 

|

« エレクトラ | トップページ | インビジブル2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/171746/5689453

この記事へのトラックバック一覧です: パフューム ある人殺しの物語:

» パフューム ある人殺しの物語 /Perfume The Story of a Murderer [我想一個人映画美的女人blog]
わたしの嗅覚、犬並み{/kaminari/} ナンテいつも豪語?してたけど、犬の嗅覚は人間の1億倍!なんだってー。 猫は人間の10倍らしいから猫並みにしておこ☆ でも鼻が良くてもいいことなんてほとんどない{/kaminari/}(笑) 自分のつけた香水が、ほんのりいつまでも香ってたり、たまにふら〜と 焼肉の匂いやさんまを焼く匂いや芳しい香りが漂ってきたりに敏感っていうのはいいけど(?) イヤな匂いにも敏感だから困る。嗅... [続きを読む]

受信: 2007年3月16日 (金) 午後 05時05分

» パヒューム ある人殺しの物語 [パヒューム ある人殺しの物語]
「パヒューム ある人殺しの物語」の紹介です。約750人の一糸まとわぬ男女が絡み合う史上最大規模のラブシーンがあります。 [続きを読む]

受信: 2007年3月18日 (日) 午前 06時44分

» 香水の名前 [香水の種類]
TB失礼します。   香水のネーミング香水を選ぶときに、香りはもちろんですが、ボトルの美しさやネーミングに惹かれてついつい買ってしまうことが少なくはないはずです。中にはボトルはシンプルでも、素敵なネーミングがついてるものも多くありますね。女の子がその名前で、つい手にとってしまいそうな香りの名前を集めてみました。ハッピー、ロマンス、エタニティー、ラブ&ドリーム・フォーエバー、セクシーガール、ビューティフル、ラブエトセトラ、インラブアゲイン、フォーエバー・アンド・エバー、リメンバー・ミー、ファ...... [続きを読む]

受信: 2007年3月18日 (日) 午後 06時33分

» 映画「パフューム ある人殺しの物語」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Perfume -The story of a murderer-  ※いわゆるひとつのネタバレ 赤毛の女性は芳醇にして妖艶、天国へといざなう至高の香りを放つ・・?「ラン・ローラ・ラン」は好きな映画だが、これは感動も共感も教訓も得られなかった 冒頭いきなり衝撃的なシーンがある。ひ... [続きを読む]

受信: 2007年3月22日 (木) 午前 02時28分

» パフューム ある人殺しの物語 (Perfume: The Story of a Murderer) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 トム・ティクヴァ 主演 ベン・ウィショー 2006年 ドイツ/フランス/スペイン映画 147分 サスペンス 採点★★★★ 嗅覚っていうのは視覚や聴覚よりも記憶に直結されているのか、旅先で撮った何十枚という写真を見るよりも、久々に開けた旅行バッグから香る僅かな残り香..... [続きを読む]

受信: 2007年3月30日 (金) 午後 04時28分

« エレクトラ | トップページ | インビジブル2 »