« 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン | トップページ | トンマッコルへようこそ »

2007年4月28日 (土)

ロッキー・ザ・ファイナル

 ロッキーシリーズは、観たことがないんですが、頑張る姿に惹かれて観てみる事にしました。
チラシに「ロッキーは、クライマックスの対決で勝利しない映画だけど、今回は…」というようなことが書いてあったので、
「じゃあ、勝つんだ。」と勝手に思い、勝ち方を考えてみました。
 
1、厳しい練習の末に習得したファイナルパンチで相手をKO!
2、相手が突然、「ウィナー、ロッキー!」とロッキーの手を上げる。その時すでに、ロッキー絶命。
3、なんかいろいろあってジャンケン勝負で勝った。
 
結果としては、負けましたね。 でも、これを勝ちか負けか捉えるのは、その人次第だと思いますよ。
 
 
 ロッキー役のシルベスター・スタローンが、監督と主演をダブルでやっているらしく、そのせいもあってか、ロッキーが、1対1で息子や女友達に語りかけるシーンは…
 
「スタローンが、僕らに説教してるみたいでした。」
 
まあ、熱いメッセージを送っているとも捉えれますけどね。 「ロッキーのキャラクターなんてどうでもいいや」というぐらいの熱さだったと思います。
 
 
 前半は、ロッキーファンではなかった者から見ると「早く戦いをみせてくれよ」というぐらいのファンに向けたサービスのように感じましたが、ラストのボクシングシーンは盛り上がりましたね。
 
毎回、1ラウンドで相手をKOしてしまうチャンピオンにファイナルラウンドまでくらいつきます!
訳わからないけど、ロッキーが立ち上がる姿や相手にパンチをおみまいする姿を観ただけで感涙ものでしたよ。
 
そんな戦う姿を見て、常に涙が流れる一歩手前の状態でしたね。最後まで流れませんでしたが、もし、「ロッキーのテーマ曲」が流れていたら、危なかったですね。
このテーマ曲は、曲自体が感動モノですから。
 
でも、敢えて使わなかったとこらへんは、スタローンの、
 
「この俺を見てくれというスピリットを感じました。」
 
だから、ラウンドガールも遠くから上半身だけを映す感じだったんでしょうかね。
男性客の気をそらさないように。
 
  
 この最終作、「とりあえず感動できたな。」という感じです。
 
全編、ロッキー(シルベスター・スタローン)の魅力でできているようでしたから、スタローンの画像にピンときたら必見だと思います。
 
Photo_13  
 (評)★★★** 鉛星
 
 
 [ブログ!ランキング]
←押す。 
 
 

|

« 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン | トップページ | トンマッコルへようこそ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/171746/6224433

この記事へのトラックバック一覧です: ロッキー・ザ・ファイナル:

« 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン | トップページ | トンマッコルへようこそ »