« 亀は意外と速く泳ぐ | トップページ | 初雪の恋 ヴァージン・スノー »

2007年5月12日 (土)

スパイダーマン3

1作目は、「面白かったなあ」と満足して、2作目は「これは、傑作だ!」と狂喜したので、楽しみにして観にいきました。
  
もう、スパイダーマンは物語内でも映画としても大人気ですね。
でも今回は、そんなモテるスパイダーマンが、恋人にフラれていましたよ。
 
「キスしてる時に気づいたんだけど…、あなた口の中がひどくネバネバするわ
  
…とは言ってなかったけど、フラれました。
この映画は、ヒーローゆえの恋人との関係も、なかなかの見所ですね。
 
 
 今作は、映像に力を入れてきましたね。ニューゴブリン、サンドマン、ヴェノム。科学と自然と宇宙の力が、一気にスパイダーマンに襲いかかります。 
それらと戦うシーンは迫力満点でしたね。超見ものです。
 
特に僕が注目したのは、サンドマンですね。砂人間の映像が面白かったです。
最初に、砂から人の形になろうとする誕生のシーンは……
 
「どんだけお金かけてんだよ!」
 
…ってくらいよくできていましたね。もういっそのこと、その体は砂金にして、ゴールドサンドマンってことにすればいいじゃんって思いましたよ。
 
そんなサンドマンが、くずれたり、砂を吸収して巨大化したりと変幻自在な姿は見ものですね。 
特に面白かったのは、黒色スパイダーマンに顔面を掴まれて、走行中の電車に押し付けられるところ。
これ、はたから見るとひどい虐待映像(オヤジ狩り)だと思うんですけど、その後のサンドマンの顔は…なんていうか良いですね。
消しゴムを思いっきりこすりまくって、キレイにすり減ったときのあの感じ。
それと似た、高揚感が胸にただよいましたね。 
 
で、最後に終決したシーンでスパイダーマンが一言「○○○」と言った後、サンドマンは…
 
「成仏しやがった!」
 
…というか成仏したみたいに去りました。一瞬、スパイダーマンって念仏唱えられたっけ!?なんて思いましたよ。スパイダーマンは、教祖様かよ!って話ですよね。
  
 
サンドマンによく目が行ってしまいましたが、今回は、ブラックスパイダーマンという自分との戦いというのもやっていましたね。
宇宙生命体にスパイダースーツを黒くされて、それを着るとパワーアップするみたいです。
この黒スーツなんですが、肉体的には、かなり強くなるという反面、精神的にはどうやら……
  
  
アホになるみたいです。」 
 
町を歩いてる女の子を見るなり、彼女らに向け、指をさして格好つけまくりです(ゲッツ!)
調子にのってて嫌な感じがしますが、このシーン、クセになりそうで好きですね。
ベタなことを期待するなら、「ゲッツ」するたび、頭に金ダライを落として欲しいとこです。
 
 
 今作もかなり楽しめましたね。 前作の「2」程の傑作!という訳ではありませんが、一見の価値アリとオススメできますね。 
  
Photo_19    
 (評)★★★★★ ゴールドスター賞 
 
 [ブログランキング]←(押)
 
 
 


あと、あの執事は真実を言うのが遅いですね。なんか悪どさを感じますよ。絶対、スパイダーマン4か5で、
 
「オズボーン家の最高傑作メカゴブリン!
 
とか言ってリモコン片手に襲い掛かってきますね。 
 

|

« 亀は意外と速く泳ぐ | トップページ | 初雪の恋 ヴァージン・スノー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/171746/6384553

この記事へのトラックバック一覧です: スパイダーマン3:

« 亀は意外と速く泳ぐ | トップページ | 初雪の恋 ヴァージン・スノー »