« スモーキンエース 暗殺者がいっぱい | トップページ | 監督・ばんざい »

2007年6月 5日 (火)

大日本人

 「金返せ!!」
…というのが観賞後の率直なリアクションですね。 しかし、これは言わされたという感じがしますね。
  
よくCMで、観賞後の客が「とてもかんどうしました。」「もういっかいみたいです。」というようなことを言った後、「なんとかマン3絶賛公開中!」というのがありますが、この「大日本人」は、もっともこの手のCMを見てみたい映画でしたね。

それだけラストがぶっとびすぎていました。
 
 
 僕の2大リスペクト芸能人の一人である松本人志が監督ということで観てみたんですが…
率直に言うと、前半はつまらん後半は面白い。…と大きく感想が分かれましたね。
前半は、ただ松本人志の語りがダラダラ続いているという感じで退屈でしたね。その中でも微妙に笑える箇所はあるんですが、やっぱり退屈です。
 
後半の方は、
 
「これぞ松本人志だ文句あっか!?」
 
といぐらいの笑いが盛り込まれていましたね。匂ウノ獣(板尾創路)と大日本人「大佐藤」(松本人志)のダイナミックなコントや暴走するでっかいおじいちゃんは、爆笑ものだったと思います。 
で、極めつけはラストのアレですよ。(アレ→この映画のオチ)
 
もう、後半を見ると、松本人志は映画監督をやりたかったんじゃなくて、映画という大舞台でお笑いをやりたかっただけなんじゃないかと思うぐらいですね。
 
 
 一番見所があると思ったのは、やはり怪獣VS大日本人のバトルシーンですね。
まあ、バトルシーンと横文字で格好よく言うほどの戦いではありませんでしたが、怪獣のCG映像はよくできていてキレイでしたね。「気持ちわるい」「愛らしい」「面白い」の3拍子そろってる感じで僕は好感でしたよ。
でも、実際に映画館の外で、怪獣の人形を売り出したら絞メルノ獣しか売れないでしょうね。他は、手元に置いとくにはちょっと不気味すぎるんではないでしょうか?
 
順調に怪獣を倒していく大日本人でしたが、途中で胴体意外が異様に発達した赤鬼みたいな怪獣に手も足も出ずボコボコにされるんですよ。
僕は、そこから大日本人はどうやってこの怪獣に勝利するんだろうと興味深々でしたね。
我ながら純粋だなあ、なんて思っていたんですが…
 
「アレですよ。」
 
ものすごい、裏切り方をされましたね。
 
 
まあ、この映画「大日本人」は、松本人志の笑いにお金をしこたま加えたお笑い映画だったと思います。 
映画というものを「お笑い最高!」と言いながらおもいっきりぶちこわしたようなラストは爽快でしたね。
 
(評)★★★** 鉛星
 

[人気ブログランキング]
クリック。コレ絞メルノ獣ノ習性ナリ 
  
 

|

« スモーキンエース 暗殺者がいっぱい | トップページ | 監督・ばんざい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/171746/6639053

この記事へのトラックバック一覧です: 大日本人:

» 映画館賞いくぜ!!~大日本人~ [営業日記∀ (商品化権資料センター)]
松本人志監督、大日本人観てきました。 6月1日(金)東劇にて。 先行上映行ってきました待ち合わせ多し エスカレーターを上ると、うじゃうじゃと人が大勢。TV局も取材で来ており、劇場内は満員御礼。まあ。簡単なストーリーはと申しますと、まっちゃんが主役の大佐藤(苗..... [続きを読む]

受信: 2007年6月 5日 (火) 午後 12時22分

» 真・映画日記(1)『大日本人』 [          ]
6月2日(土)◆460日目◆ この日は池袋で松ちゃんとたけしの映画をハシゴ。 まずは松ちゃんの『大日本人』を「シネマサンシャイン」で見る。 ところどころで笑える箇所もあるが、 全体的に映画監督1年生の作品かな。 カンヌは早すぎたね。 電流を浴びて巨大化する「大日本人」を代々の家業として受け継いだ大佐藤(松本人志)。 かつては同業者が2、30いたが、現在では大佐藤一人だけ。 街の人々の反応はいまひとつ。 獣(怪獣)が出る度に発電所で電流を浴びて「大日本人」に…… ... [続きを読む]

受信: 2007年6月14日 (木) 午後 07時38分

« スモーキンエース 暗殺者がいっぱい | トップページ | 監督・ばんざい »