« 300(スリーハンドレッド) | トップページ | 評価が高くなる作品について »

2007年6月18日 (月)

ゾディアック

 これは…「つまらん!」
連続殺人犯を題材にした映画だということで観てみたんですが、退屈すぎですよ。
映画前半は、殺人犯ゾディアックの異常な犯罪が面白かったと思うんですが、後半になるにつれ、キャラクターとしては、一番の魅力であるはずのゾディーさんの存在感が0に等しくなってしまいます。
 
僕は正直、観ていて息苦しくなるほど辛かったですね。映像も美しい箇所が全くと言っていい程なかったので、挙句、目をつぶっての鑑賞になりました。
音だけが聞こえる英語のヒアリング状態という鑑賞なんてめずらしい体験でしたよ。
僕の英語能力も0に等しいので、所々で「ゾディアック」と聞こえてきただけでしたけどね。
 
 
あまりにもつまらないので、「それは何故か?」を観賞後に考えてみました。
  
う~ん、やっぱり殺人犯ゾディアックのことを知らなさすぎたのが一番でしょうか。
 
ゾディアックの犯行がひとしきり終わった後、一生懸命犯人を捜しているだけだったので、ゾディアック事件について何かしら考えたことがあればある人ほど面白いと思えるのでしょうね。
そう考えると自分の妄想と、映画を照らし合わすだけでも楽しそうな気がします。
  
あと、暗号を解こうとする漫画家が動き出すのが終盤になってかというとこですね。どうせならこの映画の終盤からを始まりにした方が良かったんじゃないでしょうかね。
予告では、漫画家が殺人犯に挑む!というようなことを言っていたので、拍子抜けでしたね。 
 
 
と、まあ、いろいろと考えてみましたが、一番悪いと思うのは「この映画の予告がサスペンス風に作ってある」ということだと思います。観たことない人もいるかと思いますが、漫画家の電話に無言電話がかかってきたりして、危機迫る感じに作ってあるんですよ。
これは、たいへん悪どい客引きですね。
 
…という訳で、僕のように「漫画家VSゾディアック」という期待で観に行くとひどくガッカりして映画館が拷問部屋かのようになります。
 
(評)★**** 星一つ 
  
人気ブログランキングへ 
         

|

« 300(スリーハンドレッド) | トップページ | 評価が高くなる作品について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/171746/6829627

この記事へのトラックバック一覧です: ゾディアック:

« 300(スリーハンドレッド) | トップページ | 評価が高くなる作品について »