« ザ・シューター 極大射程 | トップページ | プロフ »

2007年6月13日 (水)

そのときは彼によろしく

「でた!難病!」
  
今回はすごいですよ。3人の難病ヒロインが一気に主人公に襲い掛かってきます! 
体が砂になった女や宇宙生物にとりつかれた……
 
あ、ごめん。スパイダーマンと混ざりました。
 
 
いや、嫌いじゃないですよ難病モノ。お昼休みに「サングラスをしてない目でテレビカメラを直視したら死ぬ病気」とか勝手に考えてたぐらいですからね。まあ、それはさておき… 
 
さて今回の難病は?
「深い眠りに入ると死ぬ」そうです。一瞬ほんとにあるのか疑ってしまいますね。もう必殺技とも言うべき程に、難病ヒロインの個性になっています。
必殺の病気か?と思ったけど、そうでもなかったみたいですね。まあ、そのへんは触れないでおくことにします。
 
 
どんなに離れていても引き合う心だとか幼い頃の思い出のシーンだとかありましたが僕が何より注目していたのは、長澤まさみですね。
今回は、トップモデルの役ということもありスラッとした長身が美しすぎますね。そこに背が低い山田孝之を並べることで、その魅力を更に引き出しています。
ちょっと山田くんがかわいそうですね。生け贄みたいな扱いになってしまいましたよ。
 
かわいそうといえば、塚本高史は宣伝やチラシで主要キャラかのように大々的に公開されていた割には出番が少なかったですね。もう、長澤まさみと山田孝之が行動する為だけに存在していたかと思うぐらいですよ。出番の約半分が瀕死状態でしたからね…。
  
そんな「存在だけ」「生け贄」という2人の俳優をを踏み台にしたおかげもあってか長澤まさみがとても美人で癒されましたねー。
もう、その癒しのおかげで……
 
「なんで植物状態から目覚めたのにゲッソリした感じが微塵も感じられないの?それと、さっきから黙って観てれば教会に置き去りにされたり夢の中で呼ばれたとか、わけわからん!…って、お前ら何勝手に抱き合ってるんだよ!このオレのわだかまりをどうにかするために長澤まさみのキスシーン見せろや!キース!キース!」
 
……ってわめき散らしたくなったラストシーンなんかも許せますね。長澤まさみの笑顔一つで解決でいいです。 
 
 
 長澤まさみのキスシーンはありませんでしたが、この映画「そのとき彼によろしく」は、完全な癒し映画でしたね。長澤まさみの他にも、夕陽の廃バスや反射する太陽の光なんかが、心をまどわすような…幻想といったらいいんでしょうかね。不思議な癒し映像でした。
 
(評)★★★** 鉛星  
  
人気ブログランキング←1クリックお願いします。
  

|

« ザ・シューター 極大射程 | トップページ | プロフ »

コメント

長澤まさみが海外でも活躍するトップモデル役には合わないと公開前から散々言われていたから、長澤が観客にバカにされてなるものかと、高ーーーいヒールブーツにこだわったとインタビューで言ってました。
監督に反対されたにもかかわらず我侭をとおしたみたいです。自分だけがよく見えればいいという考えを持った最低女優ですね。
ちなみに長澤168cm、山田169cmです。
12cmのヒール履いてたらしいから180cmですよ!バカじゃないの。
かなり長身な店の店員さん役の人でも187cmですからねー。
長澤現場で評判悪かったです。

投稿: こみ | 2007年6月13日 (水) 午後 11時54分

>こみさん
 
そんなことがあったんですか…。それはイメージダウンですね。
そう考えるとチビに見られるという、かわいそうな目にあっても我慢した山田孝之は寛大な大人ですね。
長澤まさみは、まだカワイイ子供ってとこでしょうか。

投稿: リーヴ | 2007年6月14日 (木) 午後 07時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/171746/6699986

この記事へのトラックバック一覧です: そのときは彼によろしく:

« ザ・シューター 極大射程 | トップページ | プロフ »