« リトル・ミス・サンシャイン | トップページ | ハリーポッターと不死鳥の騎士団 »

2007年7月21日 (土)

西遊記

 終盤で多人数のザコ敵vs孫悟空一派の戦闘シーンがあった時点で子供向け映画ということが確実になりましたね。 まあ、もともとそんなものだと思って観にいったのですが、今回僕は人気ドラマの映画化だとか楽しそうだからという訳で観にいったのではないんですよね。 
 
 
多部未華子!
…に興味が沸き観にいきました。もともと「夜のピクニック」という学園モノの映画を観た時に
「なんだ?この子は。まだ少女のくせにめちゃくちゃ偉そうな目をしていやがる。」
…と思い、目フェチが目に惹かれて注目しだしたので、今回は是が非とも観にいかねばということなんですよね。
 
で、映画館で実際に観た感想なんですが、
雪山で悟空とたわむれるシーンはホント申し訳なかったですね。
このシーンは、終始、多部未華子が笑顔でたいへん可愛らしかったんですよ。ですが僕の周りでは男の子達が鑑賞していまして、その男子たちが「はよ、ごくうの戦いみせろや」という雰囲気だったので、僕だけ癒されてて申し訳なかったですね。
 
あと多部未華子は拳法を使いこなすキャラなんですが、強い目をした小柄な子が活発に動き回るのはなかなか似合っていましたね。ナイスです。
 
 
先に「僕の周りで鑑賞していた男の子達」と書きましたが、僕はこういう子供ウケしそう、と思う映画は、子供が入りそうな時間帯を狙って観に行くんですよね。
何故かというと子供がどこでウケるか?どこで冷めてるか?を観るのも面白いものなんですよ。
そんな見方で今回一番ウケていたなあ、と感じたのは…

「悟空vs銀閣」ですね。
一つの魔法の玉を取り合い、空中戦→雑木林戦→荒地戦と流れるように戦っていて、「ウキャキャ」と奇声を発す悟空に対して「むぅん、ぬぅん」と怪しいうなり声を出す銀閣による
「バカvsバカ」
の低脳な戦いが誰でもわかりやすくて面白かったんだと思いますね。
でもこの戦いは、あまりにも子供をナメすぎているんじゃないでしょうかね?
みんなある一つのことが頭に引っかかっているんじゃないかと思います。
 
「銀閣、高速移動の術を使えば圧勝じゃん!」
 
何故、知能レベルを悟空に合わせていたのかわかりません。
 
 
そんな訳で、ナメてる子供向け映画でしたね。白髪の老師のヒゲの切れ方も不自然なくらいキレイな切れ方をしてて完全にナメられたもんですよ!
 
まあ、僕は普段ナメるだとかナメられるとかエロい表現はなるべく使いたくないんですが、ナメナメな映画でしたね。
でも、多部未華子はとても良かったですね。
  
 
(評)★★★** 鉛星
 
人気ブログランキング(映画←良かったらクリックして頂けないでしょうか?

|

« リトル・ミス・サンシャイン | トップページ | ハリーポッターと不死鳥の騎士団 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/171746/7223056

この記事へのトラックバック一覧です: 西遊記:

» 西遊記 上 (1) [良書]
西遊記 上 (1) この商品をレビューしたブログ一覧 [続きを読む]

受信: 2007年7月25日 (水) 午後 02時48分

« リトル・ミス・サンシャイン | トップページ | ハリーポッターと不死鳥の騎士団 »