« 西遊記 | トップページ | ゲド戦記 »

2007年7月23日 (月)

ハリーポッターと不死鳥の騎士団

ハリーの本当の秘密、解禁。というキャッチコピーが気になりましたね。
どんな秘密なんでしょうか?
 
ロン「なんなんだよ?秘密って」
 
ハリー「ああ、俺って額にヴェルデモートの襲撃を受けた時につけられたイナズマ型の傷があるだろ?あれ実は………」
    
 
    「股の付け根にもあるんだ。」
  
 
ロン「そうか…だからあの日、風呂場でお前の股間をしつこく見ようとした俺をぶん殴ったんだな…。」 
 
ハリー「ああ、すまなかった。知られるのが怖かったんだ。」
  
 
ハーマイオニー「えらいこっちゃ」
 
 
まあ、こんなことではないとは思いますが、どうなんでしょうね。
秘密とやらに興味がありましたが、鑑賞後はスネイプ先生の秘密の方が印象に残りましたね。
 
 
毎回、目を惹くキャラが出てくるこのシリーズですが、今回はイーナ・ラブグッドというチリ毛の不思議魔女が出てきました。この子は明らかに自分の世界に閉じこもる夢見がちな女の子でちょっと気になりましたよ。
しかし、今回はそれ以上に気になったレギュラーキャラがいました!!
 

地味的な妹、ジミージニー・ウィーズリー!
ジニーは、主役3人の内の一人であるロン・ウィーズリーといたずら好きのフレッドとジョージの妹として、何気に1作目から出演しているんですが、今回はついに内に秘めていたであろう本性を一気に放出します。 
 
とは言っても性格が豹変するのではなく魔法を発動する形で放出すんですよね。
さてその魔法とは…
  

「粉々になれ!」の魔法です。
くわしい魔法名はわかりませんが、爆裂系の魔法と思われるのでとりあえずイオナズンとでも呼ぶことにしましょう。
「こんなおとなしそうな子がなんて大胆な!」という驚きが良いですね。1~4作目を観た限りでは予想がつきませんでしたよ。
 
でも、僕には何故この魔法をジニーが発動できたかわかる気がしますね。
 
ストレスではないでしょうか?その原因は、テンションが合わない双子の兄とイマイチ、パッとしない自慢できない兄へのいらだち。 
兄達は自分にやさしいのだが、どうしても気に触るささいな不満。それがつもりにつもって、あのような、いかにもストレス発散を思わせる魔法を発動できたのだと思いますね。
 
いや~女は怖い。もしも魔法学校合同コンパなんかがあったら…
 
チャラ男「ジニーちゃん、おとなしそうだけどどんな魔法が得意なのー?」
 
ジニー「粉々にする魔法よ。主に頭蓋骨とか。」
 
怖えー!怖えー!
  
 
ジニーは、この5作目で地味を脱しましたね。それにひきかえ兄(ロン)の方は何をやっていたんでしょうか?
「マルフォイなんかほっとけよ」
「ジェームスなんかほっとけよ」
と言いながらハリーを心配していましたが、自分が物語の中でほっとかれることを心配した方がいいと思います。 
ガンバレ、ロン!
 
 
今作は、悪の大王ヴェルデモートを復活させた前作から、あまり動きがなくダレてしまいましたが、僕としてはジニーの欲求不満が解禁したことを喜ぼうと思います。
 
「フラストレーション・ボム」
↑2時間考えて思いついたジニーの魔法名。 
 
 
(評)★★★** 鉛星
 

人気ブログランキング」(映画)
←参加中。良かったらクリックをお願いします。

|

« 西遊記 | トップページ | ゲド戦記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/171746/7142223

この記事へのトラックバック一覧です: ハリーポッターと不死鳥の騎士団:

» 「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 」子供には難しく、大人には... [soramove]
「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 」★★★☆ ダニエル・ラドクリフ主演 デヴィッド・イェーツ 監督、2007年、イギリス ハリーも随分と大人になりました。 子供っぽく見せようと丸メガネと前髪おろしで なんとか誤魔化してるけどね。 規律に厳しい女性の...... [続きを読む]

受信: 2007年8月 5日 (日) 午前 11時14分

« 西遊記 | トップページ | ゲド戦記 »