« 2007年、上半期ベスト5 | トップページ | 7月に観たい映画は3本 »

2007年7月 2日 (月)

ダイ・ハード4.0

やはり、「ジョン・マクレーン」この男に惹かれ観ることになりました。
今回は、オタクの青年とコンビを組んでいたマクレーンなんですが、僕にはなんとなくこのコンビがのび太クンとドラえもんに見えたんですよ。片方は頭テカテカだったしなあ…。
 
でも、そんなこと言ったら「それがどうしたぼくマクれもんクソ野朗!」って言われそうですね。
僕はそんなコンプレックスで代表されるハゲを抱えつつも、堂々と生きる姿に憧れる訳ですよ。 ん、僕がハゲだって?それは言えない。
あと、タイトルも良かった。「4」でなく「4.0」ってとこが。
 
 
とても面白かったです。僕はマクレーンファンなので、ずっとマクレーンに注目していましたね。 
特に僕が注目したいのは、戦いながら時々ぼやくセリフです。1作目では爆弾を落としながら「クリスマスプレゼントだ!受け取れ!」という宿題を渡す時や、サッカーゴールにシュートをおみまいした時に使いたいセリフ、ナンバーワンとして僕の中で君臨し続けたセリフがあるんですが、今作でも、まあ、一作目と同等というわけではないんですが、ありましたね。
 
「近所が起きた。」
これは、真夜中のアパート(?)で爆破を起こしたときに、ぼやいたセリフです。
普通ならば、「ざまあ見やがれ」「うるせえ花火だ」というようなことを言うと思ったんですが、今回は、近隣住民に気を使ったこの一言でした。
さすがです。普通の人ならば仲間と敵に集中することで手いっぱいのはずなんですが、マクレーンは関係ない他者にまで気を配れていますね。
 
いくつもの死線を経てのことでしょうが、そんなマクレーンは近所付き合いも上手いに違いありません。きっと、おばちゃんたちにもモテモテでしょうね。 
 
 
そんなマクレーンの行動をサポートしていたオタク青年がいたんですが、この映画では、そのオタクも含めて、3人のオタクがいました。
 
その3人とは、まず、マクレーンに付いてたマクレーンファンオタク。そしてそれに敵対するテロリスト側に付いてるテロリストオタク。あと、どちらにも付かず我が道を行くデブヒゲオタク。
最後の一人の言い方がひどくて申し訳ないのですが、映画の中でそれ以上にひどい扱いを受けたのが、テロオタクでした。
彼は、テロリスト側で出番の約8割がパソコンいじりという程のコンピューター専門でしたが、リーダーに完全に道具として扱われていましたね。リーダーに怒られてる場面もありかわいそうです。彼自身も自分の言い分は、絶対に通らないと思ってか無口な性格でしたね。
 
しかし、終盤に近づくにつれ、マクレーンファンオタクとデブヒゲに接点があったように、彼もその2人と過去の因縁で結ばれた深い接点があったことが判明した後、リーダーをうまく騙して殺害。そして、リーダーの座をのっとりマクレーンに襲いくる!!
  
  
……と思ったんですけどね…何もありませんでした。結局、道具扱いが続き、最後は……
 
あっさり銃殺
 
されましたね。その殺され方は、何のドラマもなく、ただ、映画から削除されたというようなひどい殺され方でした。
あまりにもかわいそうなので、僕がひとつ彼の為に叫びましょう。
 
「か、彼は言われるがままにパソコンをいじってただけですよ!殺すこたぁないでしょうに!!」 
 

他の2人は、良い扱いでしたね。特にマクレーンオタクの方は、美女(マクレーンの娘)と恋が始まりそうでしたからね。うらやましいもんです。
 
 
この映画は、キャラクターの魅力の他にも、サイバーテロの手段とかアクションとか見所が多くて、かなり楽しめましたね。
 
前の3作とは違い、髪の毛の本数を「0.0」にしてきたブルース・ウィリスの意気込みにも感動しましたよ。全世界のハゲ男の英雄よ永遠に。
  
   
(評)★★★★★ ゴールドスター賞 
 
映画ブログの人気ランキングへ 
 

|

« 2007年、上半期ベスト5 | トップページ | 7月に観たい映画は3本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/171746/6938112

この記事へのトラックバック一覧です: ダイ・ハード4.0:

» ダイ・ハード4.0 [裏めしや丼]
今日はリクルート、タウンワーク事業部の説明選考会に行ってきました。その後、SPI、国語、数学の筆記試験と集団面接が控えてたんですが、会社の説明を聞いて私がやりたい事とは「う~ん、違うかな。」と思って、辞退して退室しました。 午後から時間が空いたので、予てか..... [続きを読む]

受信: 2007年7月 8日 (日) 午後 08時37分

« 2007年、上半期ベスト5 | トップページ | 7月に観たい映画は3本 »