« プレステージ | トップページ | リトル・ミス・サンシャイン »

2007年7月14日 (土)

ハリー西遊記とおいしい騎士団

「ハリー西遊記とおいしい騎士団」というふざけた映画を観にいきました!
まず、誰も知らないと思うので簡単なあらすじを……
 
<あらすじ>
真面目な修行僧「ハリー・ベルサイユー」は、究極の中華レストラン「天竺」を目指し旅立った。しかし道中は危険な魔法使いが待ち構えているとの噂!いろいろあってハリーは騎士団を結成したのだが…
 
<感想>
まず、結成された3匹の騎士団が微妙でしたね。天竺を目指すっていうぐらいだから、てっきり猿、豚、河童の3匹かとばかり思っていましたが違いました。
では、その3匹とは…
 
豚、豚、豚!
三匹とも豚でしたね。なるほど、世にもおいしそうな騎士団の結成というわけですね。確かにタイトルと合っているとは思いますが、ビュジアル的にはどうなんでしょうかね?豚ですからね。劇中でも5分に一回ぐらいのペースで「お師匠様、腹減ったー」って三匹のうちの誰かが言っていて正直ウザかったですね。
 
そんなパーティーで旅が始まるんですが、襲い掛かってくる敵が現れましたね。魔法使いが現れましたよ。その魔法使いはエスパー伊東を思わせるようなおっさんで、いっちょまえに「ヘル・プルク」という呪文を唱えて攻撃してきましたね。
しかし、負けてはいられません。我らが主人公ハリーも「エクスペリオ・ラドプルク」という呪文で対抗します。
 
でも、双方の呪文はハリーやエスパー伊東に当てず豚共に当ててます。ここで呪文の効果が判明しましたね。
 
ヘル・プルク       →痩せさせる
エクスペリオ・ラドプルク→太らせる

…ということだと思います。
いやー、これは白熱した戦いでした。旅のいたる場面で豚を痩せさせるエスパー伊東軍団。それをくいとめようとするハリーの防衛戦が白熱しました。
 
それとは逆に三匹の豚は何してるんだよ!というぐらいの堕落ぶりですね。膨らんだりしぼんだりしてただけで人間を捕食する気のないゾンビみたいにフラフラしてるだけでした。何が騎士団だ!働け!って話ですよ。
 
 
まあ、そんなこんなで駅の地下街で営業中の「天竺」に到着した御一行なんですが、この時点で注目してほしいのは、ハリーが守りに守った豚が一匹しかいなかったとこですね。
 
他の二匹はどうなったかというと…
「ヘル・プルク」を限界までくらった挙句に、「痩せてる豚は、豚じゃねえ」という豚を完全に食料視した一言とともに見捨てられていました。ハリーってば意外とスパルタです。
 
最後の一匹は、丸々と太っていましたね。そして、ここでハリーの旅は終わりです。
え?この後「天竺」で何かあるんじゃないかって?何もないよ。
ただ一つあるとすれば、それから7年後にハリーは天竺の料理長になってますね。
で、豚の方はその店のオーナーになってます。
 
 
人気ブログランキング(映画)←押せばあなたもオーナーに!
 
注:この映画は存在しません。

|

« プレステージ | トップページ | リトル・ミス・サンシャイン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/171746/7133092

この記事へのトラックバック一覧です: ハリー西遊記とおいしい騎士団:

« プレステージ | トップページ | リトル・ミス・サンシャイン »