« ハリー西遊記とおいしい騎士団 | トップページ | 西遊記 »

2007年7月19日 (木)

リトル・ミス・サンシャイン

 リトル・ミス・サンシャインというのはカワイイ幼女ナンバー1を決める大会だそうですね。
そういう訳で終盤ではコンテストが行われていましたよ。
いや~、水着に着替えた幼女たちがズラーっと並んでホントにカワイ……
 
くねぇ!気持ち悪いよ!
どいつもこいつも顔文字みたいに機械的な笑顔を不気味に振りまいていて、「それ、親に仕込まれた表情だろ!」という顔に恐怖を感じましたね。
そんな中でラストでオリーヴちゃん(この映画の主役)がやってくれたショーはスカッとしましたよ。
 
 
でもこの映画は、その幼女ナンバー1大会が主体という訳ではなく、その会場へ家族全員でワゴンに乗り込み向かうことにあります。
途中、大会へ向かうことを断念しなくてはならないことにぶつかりながらも家族が助け合いながら向かうことにありますね。
 
そんな中でも僕が気にいったのは、
 
「励ましあうこと」ですね。 
旅路で家族の誰かがひどく落ち込むことが何回かあるんですが、そのたびに誰かが励ましているんですよね。特に気にいった励まし方が3つあったので、コンテストにちなんで金賞、銀賞、銅賞で紹介してみますね。
 
まず、銅の励まし
自分がカワイイか不安なオリーヴ←おじいちゃんが恋人を愛するようにオリーヴに愛の言葉を伝える。
この励ましは普通ですね。でもこの年齢差でこういうことをされるとまいっちゃいますね。おじいちゃんも普段はエロバカなのに真面目な顔をしてるとこを見ると、そのギャップにまいっちゃいましたね。
 
次、行きます。銀の励まし。
おじいちゃんが死んで悲しむ母←恥ずかしがり屋な兄が「ママをハグしろ」と書いた紙をオリーヴに見せる。
自分でやれよ。って思いますが、こう思うのはつまらないですね。これは「励ましを学ばせている」と思えばいいと思います。それに、ママもオリーヴに抱かれたことで「こんな励ますこといつの間に覚えたの?!嬉しい。」となる訳で兄が抱くより効果てきめんだと思いますね。
 
そして、金のはげましは……!
 
夢が絶たれたことを知り、ふさぎこむ兄←オリーヴが無言で肩を抱く。
抱擁です。ただ抱きしめる。これが究極のはげまし方と僕は言いたい!
あと、ここで面白のは、この「抱擁はげまし」は兄から教わっているということですね。
兄自身も、まさか教えたその日にそれも自分の為に役立ててくれるとは思ってはいなかったでしょうね。
 
 
そんな訳で、この面白くも暖かみのあるささえ合いがこの映画で一番良いと思いますね。
そういえば僕も、この記事で「はげまし」「はげまし」って書いてるうちに「ハゲ増し」「ハゲ増し」と思えてきて気分が落ち込んできますね。
誰かにはげまして欲しいものです。
 
 
(評)★★★** 鉛星
 

人気ブログランキング(映画)
←押すと髪が生えてくる。

|

« ハリー西遊記とおいしい騎士団 | トップページ | 西遊記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/171746/7142135

この記事へのトラックバック一覧です: リトル・ミス・サンシャイン:

» 「リトル・ミス・サンシャイン」:西新橋一丁目バス停付近の会話 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
{/kaeru_en4/}バスだぜ、バス。 {/hiyo_en2/}なに、感激してるの?いつも乗ってる都バスじゃない。 {/kaeru_en4/}いや、このバスのことじゃなくて、黄色いフォルクスワーゲンのミニバス。 {/hiyo_en2/}ああ、「リトル・ミス・サンシャイン」に出てきたバスのことね。 {/kaeru_en4/}そうそう。9歳の娘が子どものミス・コンに出場するんで、家族みんなでミニバスに乗って海の近くのコンテスト会場まで行くんだけど、そのミニバスがおんぼろで、もう最高。 {/hiyo... [続きを読む]

受信: 2007年7月22日 (日) 午後 05時40分

« ハリー西遊記とおいしい騎士団 | トップページ | 西遊記 »