« プラダを着た悪魔 | トップページ | 時をかける少女 »

2007年8月17日 (金)

オーシャンズ13

リベンジの手口とか、豪華俳優陣たちに注目するよりもオーシャンズ13人の把握を目的に鑑賞してみました。
で、把握できたかというと、パソコンいじってたりカードが出る機械をいじってたりしていた人あたりの見分けがつきませんでした。お前ら双子ですか?!
 
なのでチラシやネットを見て調べてみたんですが…
僕の力ではどうしても12人しか確認できません。
これは敵側のアル・パチーノが13人目ということでいいんでしょうか?
 
 
一応そのように捉えて進めようと思います。
まずは、オーシャンズを全員を僕が独断で偉そうだと思う順番で並べてみようと思います。
 
 1、ダニー・オーシャン(オーシャンズリーダー)
 2、べネティクト(ホテルのボス)
 3、ラスティー(男前)
 4、ライナス(つけっ鼻)
 5、バシャー(エロ本大好き)
 6、ソール (変装じいさん)
 7、フランク(アフロ)
 8、ルーベン(騙された)
 9、イエン  (スタントチャイニーズ)
10、ターク  (料理人)
11、バージル (パソコン名人)
12、リビングストン(エディー・ジェイミソン)
 
13、バンク(悪)
 
…と、こんな感じですね。
リビングストンは一番印象に残らなかったので役者名を入れさせてもらいました。
配線をいじくるのが得意らしいんですが観た限りではわかりませんね。
暇があればそのへんの配電盤を開けていじくるぐらいのアピールがほしいとこです。
  
 
逆に一番印象に残ったオーシャンズはライナス(マッド・デイモン)ですね。
つけ鼻をつけて変装した姿は……
 
妖しい!
 

妖しい宗教家みたいだったと思います。
 
終盤でライナスが使った媚薬の効果でエロくなったエレン・バーキンの誘惑と戦っていたシーンはなんとも笑えましたね。
「あっれー?媚薬ってこんなに効くものなの~!」
…という感じでたじろぐ姿が良かったです。
 
まあライナスは全体的にイジられキャラになっていましたね。つけ鼻があんなに似合うとは思いませんでしたからね。
  

全編オーシャンズのキャラクターばかりに注目してきましたがラストでバンク(悪)から根こそぎ奪いとるシーンは見ていて爽快だったと思います。
「ド派手なリベンジにしようぜ」というコピーがついていましたがまさにそんな感じのラストで面白かったですね。
 
あと、ライナスのつけ鼻がもぎとられるとこもド派手で面白かったですね。
 
 
(評)★★*** 梅星  
 
人気ブログランキング←ド派手に押そうぜ。

|

« プラダを着た悪魔 | トップページ | 時をかける少女 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/171746/7535703

この記事へのトラックバック一覧です: オーシャンズ13:

« プラダを着た悪魔 | トップページ | 時をかける少女 »