« オーシャンズ13 | トップページ | 9月鑑賞予定映画 »

2007年8月25日 (土)

時をかける少女

青春ですねー。
もう羨ましいほどに見せつけてくれますよ。夏の青空、男女3人、恋心、猛ダッシュ、と青春要素たっぷりじゃないですか。羨ましいなー。
 
 
この映画はそんな青春真っ只中の少女(真琴)がタイムリープという過去へ戻る力を身につけてあんなことこんなことをやらかすって話でした。
 
皆さんはタイムリープを使えたらどうします?僕なら、まず宝くじを当てにいくと思いますね。そんで「うひゃうひゃ」とか奇声をあげながら大金持ち時代突入です。
普段、「宝くじなんてタイムスリップでもしないと当たらない」と思いながらまったく買わないので迷うことなく買わせてもらいますよ。
 
でも真琴はそんなにすさんでませんでしたね。
そんな真琴によるタイムリープの使い方に中でちょっと面白かったのは…
 
カラオケを1時間料金で10時間歌う
 
終了時間が来るたびに一時間前に戻って、それを繰り返してやがるんですよ。
社会的な欲がないとこういう発想ができるんでしょうね。ちょっと面白かったです。
 
  
もうひとつ面白かったのは真琴の恋愛模様ですね。
 
なるほど、恋愛ですか。興味深いですねえ。ここは恋愛マスターとあと一息で呼ばれそうな僕がじっくりと見てやるとしましょうか。
後半あたりで真琴はキャッチボール仲間の千昭(ちあき)という男に突然告白されるんですけど、断る…というかお得意のタイムリープをつかったりして避けてしまうんですよ。
 
まあ、当然です。
僕は、相手と付き合っているという妄想がなければ、付き合う気なんておきないと思うんですよね。真琴は千昭を友達ぐらいにしか思っていないでしょうからそこはうなずけます。
 
で、ここからどうやって真琴の気持ちが千昭に向くか興味が沸きましたね。
最後まで沸かないのは映画として後味が悪いと思ったのでそう思いました。実際気持ちが向きましたしね。
 
で、気持ちが向いた原因は2つ考えられましたね。
 
・とあることがあって千昭のカリスマ性が増した。
・千昭と2度と会えなくなってしまう。
 
まあ、とあることがあって僕から見ても千昭がすごい高尚な人種に見えだすんですよ。
そういう、実はすごかったというサプライズ的な魅力で惹かれてしまったんでしょうね。
たとえば、僕の知り合いの女の子の考えを借りると、今までなんでもないと思っていた男が、実は自分の憧れの仕事、たとえば美容師だったり、実はめっちゃ腹筋が割れてたりしていたということと同じだと思います。
 
あと、「会えなくなる」ということ。
今までのように顔をあわせられなくなると思うと、突然、貴重さが増すんですよ。
「期間限定」と表示してあるものに「期が終わるとなくなる!」という感情を抱きつい手を出してしまう人に似ていますね。
 
さあ、……どうでした?恋愛マスターの考えは。
まあ、マスターとか行ってる割には、彼女いないんですけどね。ごめん。
 
 
恋愛がどうのこうの書きましたが、やっぱりこの映画の一番の見所は「青春」でしょうか。
主人公の真琴も跳ねたり走ったり思いっきり転んだりして、見ているこっちを爽快な気分にさせてくれますよ。
 
 
(評)★★★★* シルバースター賞
 
人気ブログランキング←彼女いない人は押そう。

|

« オーシャンズ13 | トップページ | 9月鑑賞予定映画 »

コメント

突然ですが、もし、さしつかえなければ、
私のサイトに、あなた様の
ブログを登録していただけないでしょうか。
ランキングを楽しんだり、
さまざまなブログを拝見したり、
ブログライフの引き出しとして、
お願いできないでしょうか。
こちらのサイトです。
http://www.p-netbanking.jp
是非、御願いします。

投稿: magazinn55 | 2007年8月29日 (水) 午前 09時03分

>magazinn55さん
 
勝手に登録して頂けるなら
どれだけでもかまいませんよ。

投稿: リーヴ | 2007年8月31日 (金) 午前 01時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/171746/7441936

この記事へのトラックバック一覧です: 時をかける少女:

« オーシャンズ13 | トップページ | 9月鑑賞予定映画 »