« 包帯クラブ | トップページ | ファンタスティック・フォー 銀河の危機 »

2007年9月22日 (土)

ヤケクソウエスタン チンコ

チンコォー!!!
という、大物歌手の一声から始まるこの映画。
いきなりヤケクソ感丸出しです。
おそらくこの歌手は下半身も丸出しだったでしょうね。
大物ぶらさげながらさ。

  
さあ!いきなりすごい不快感かもしれませんが行きましょう。
 
話は、まず源氏という盗賊団と平家という暴力集団が争っている村に
「沈虎」というトゲ付きの肩あてにモヒカンという風貌の男たちがやってきます。
 
いきなり血が舞いそうな三つ巴の殺し合いが始まりそうですね。
 
そして、「沈虎」のリーダーらしき男が口を開きましたよ。
 
「君たち!村のみなさんに迷惑だと思わないのか!」
 
意外といい人でした。

 
そしたら、源氏のリーダーよしつねは「沈虎」に戦いをしかけました。
 
沈リーダー「言ってもわからないようだ。ならば暴力で解決だ!」
  
よしつね「やってみやがれ!」
 
沈リーダー「か~め~…」
 
よしつね「!!!」
 
沈リーダー「は~め~…」
 
よしつね「おいおい、ハリウッド進出はまだ先のはずだろ。」
  
!!!!!!!!!!!!!!!!!!
 
沈リーダー「…と見せかけて超元気玉。」
 
予期せぬ出来事によしつねは呆気にとられていたが、地面が妙に明るくなったことで頭上のものに気がついた。 
頭上にはオレンジ色に光る東京ドーム大の発光物体が迫っており、周りの家々や木々はそれに押しつぶされるようにボロボロと崩れ落ちていった。そんな光景を目の当たりにし、よしつねはこう言った。
 
「いや、これはナゴヤドームと言った方がいいな。」 
 
そんなよしつねのドームマニアぶりを全否定するかのように超元気玉は、よしつねを押しつぶし、
だいばくはつをおこした。
 
よしつねに785のダメージ!▼
 
よしつねをたおした。▼
 
ちんリーダーはレベルがあがった! 
 
 
 
~20年後~
 
「……っていうことがありましてね。もうどうにでもなれって感じの時代で大変でしたよ。」
 
・「そうですか。しかしよく生きていましたね。よしつねさん。」
 
よしつね「ええ、あのころの私の体力は7800でしたからね。ちょっと光る玉を直視してたせいでクラクラして倒れてしまいましたが、死んではいませんよ。」
 
・「そうですか。では最後にあの時を振り返って一言お願いします。
 
よしつね「ヤケクソな時代でしたね。なんかみんな常に下半身丸出しだったし。」
 
・「ありがとうございました。おまえら滅びろ。
 
 
 
人気ブログランキング←クリックしないでください!
  
 
 
 

|

« 包帯クラブ | トップページ | ファンタスティック・フォー 銀河の危機 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/171746/8002072

この記事へのトラックバック一覧です: ヤケクソウエスタン チンコ:

« 包帯クラブ | トップページ | ファンタスティック・フォー 銀河の危機 »