« スキヤキウエスタン ジャンゴ | トップページ | ヤケクソウエスタン チンコ »

2007年9月20日 (木)

包帯クラブ

石原さとみのローキックにしびれた!
設楽優弥のエッチアプローチに対する石原さとみの容赦ない攻撃が面白かったですね。
か弱そうな女の子がものすごい攻撃的というギャップが良いのだと思います。
 
 
まず包帯クラブの活動内容なんですけど、簡単に言うとネットで依頼してきた依頼人の心の傷を負った場所に包帯を巻きつけに行くという活動でした。
そうすると、心の傷がスッと晴れていく気分になるそうなんですが、包帯を巻いたままほったらかしていくのはどうかと思いましたね。
 
街中ゴミだらけにになるし、何よりその街のイメージが病的な感じになってしまいますからね。
「病みつきになる街」なんていうコピーがつかなければいいんですけれどね。
 
でも、活動意欲は良かったです。
 
「人の痛みを知るのって難しいよね」
 
とクラブの中で一番人の気持ちに鈍感そうな女の子が行っていましたけど、
 
真剣に依頼人の痛みを考えて包帯のまき方を考えてる。
 

そこが良かったですね。「クラブ」っていうだけあります。
ただ、適当に巻いてるだけだったら「包帯巻き愛好会」とでも名乗っとけ!と叱責していたとこですよ。
 
 
一番初めにも書きましたが、石原さとみが良かったですね。
この子は唇や鼻など体のパーツすべてがまん丸でできていて、「なごやかな子だなあ」と癒されていたんですが、そんな外見とは裏腹に
ものすごくドス黒い表情や声になる時があって、そのへんのギャップがかわいくて良かったですね。
男はギャップに弱い。
 
あと、ものすごく演技派なとこも面白い。ある時は挑発的な態度で友人を騙し、またある時は、悲観的にしおれて生徒指導の教師を騙す。
いわゆる女の嘘というヤツを極めていましたね。
 
その中で一番良かったものをあげると、
包帯を巻いたサッカーゴールの前で「ファイトォ!」って笑顔で言いながら片足を上げ、ガッツポーズをする場面。
これは可愛かった!それを、携帯カメラで撮って画像を依頼者に送信していましたけど、できるならば動画で撮って俺に送ってくれっ!てぐらい良かったですね。
 
男はわかっていてもカワイイ演技に弱い。
 
 
映画「包帯クラブ」は、「人の痛みを知ってあげよう」という、いかにも道徳的なことを伝えてくれました。人と付き合う上では大切なことなんですよね。道徳?ケッ!という人も是非この映画を観てほしいです。
石原さとみがカワイイから←結局それかい。
 
 
(評)★★★** 上質鉛星



人気ブログランキング←エンドロール後もワンシーンあります。お忘れなく。クリックも。 
 
 

|

« スキヤキウエスタン ジャンゴ | トップページ | ヤケクソウエスタン チンコ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/171746/8002026

この記事へのトラックバック一覧です: 包帯クラブ:

« スキヤキウエスタン ジャンゴ | トップページ | ヤケクソウエスタン チンコ »