« みえない雲 | トップページ | キングダム 見えざる敵 »

2007年10月12日 (金)

クローズド・ノート

人様の日記?読みますよ。
それは、たぶん読まれる運命にあった日記なのではないかと思いますね。
少なくてもこの映画では、日記の持ち主の伊吹先生が「運命の神様」なんて信じていたから大丈夫ですよ。
 

引越してきた部屋に前に住んでいた伊吹先生が置き忘れたノートを読み、クローズド・ノート…いや、イブキ・ノート所有者となった主人公の香恵(沢尻エリカ)。
 
まあ、所有者と言ってもたいしたことはできず、ただ物語を読むというだけなんですけど、その物語が近い時間近い場所で実際にあったとなれば想像するだけでも面白いですね。
僕も新しく越してきた部屋に、近隣住民とのトラブルや周辺のおいしい店の情報が書いてあるような置忘れが欲しいとこですよ。
 
  
イブキ・ノートを書いていた伊吹先生はいい教師ですね。
生徒たちに楽しんでもらおうという行動が良い。
伊吹賞や右胸をにぎりこぶしでトントンって叩く伊吹クラスのサイン。
 
小学生の頃の思い出って勉強や授業ではなく、こういう先生が考えた独特な遊び心の方が胸に残っていたりするんですよ。
 
次にイブキ・ノートを読んでいた香恵なんですけど、女優、沢尻エリカとして見ている感じが大きかったですね。
何気に沢尻の出演作を観るのは初めてなのでそういう見方になりました。
まあ、良くもなく悪くもなくでしょうか、カワイイと思うし普通な女の子という感じでしたね。
ただ、時々得意気にツーンと鼻っつらをあげる仕草は「女王様キャラ」を思わせましたね。
こういう仕草でしたら僕は、うつむいて上目使いで相手をためすような表情の方が好きですね。 
万年筆店で香恵と働いてた女がそんな感じだったと思います。
  
 
ラストでは香恵が憧れている石飛リュウという男がいるんですけど、この男、実は…!
という展開があるんですけど、
僕がそれ以上に気になったのは…
 
「山田くんのテスト紛失の真相!」
 
この事件は山田くんがアホだったから何事もなく済んだものの気になるところでしたね。
まあ、とりあえず石飛さんは山田くんに謝っとけ。
 
 
この映画「クローズド・ノート」なんですけど、どうしても舞台あいさつでの沢尻エリカが不機嫌だった印象が頭にこびりついてまともに感想できなかったですね。
エンドロールを観ていたら、「沢尻はこの映画の作成したこれだけの人を侮辱してしまったんだなあ」と感じさえられました。
映画一本の重みを知って欲しいものです。
映画の方はは面白かったですよ。子供に好かれるには楽しませることですね。
 
 
(評)★★★★* シルバースター賞
 
 
 
人気ブログランキングにクリックお願いします!
 
  

|

« みえない雲 | トップページ | キングダム 見えざる敵 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/171746/8336932

この記事へのトラックバック一覧です: クローズド・ノート:

« みえない雲 | トップページ | キングダム 見えざる敵 »