« アイ・アム・レジェンド | トップページ | 2007年公開映画ベスト »

2007年12月29日 (土)

スマイル 聖夜の奇跡

スポ根だとかこういう熱そうなモノは好きなので観てみました。
なんだかんだで「ラパパンパン」というフレーズが強く残りましたね。もうタイトルはラパパンパンでいいじゃないですか。(投げやり)
 
 
話の内容は、結婚するために北海道へやってきた男が、女の父親に結婚を許してもらいに行ったんですけど、まあ、よくあることだけど親父は頑固でしてね。スマイラーズとかいう小学生アイスホッケーチームの監督を務め勝たせれば許してもらえることになったんですよ。
でもそのチームは一回も勝ったことがないくらいに弱いとのこと、さて、スマイラーズは勝てるのか!?という感じです。
 
 
いやー、感動あり笑いありで面白かったですね。
特に監督がスカウトした子供3人が面白い方面で良かったと思います。
 
強暴なフィギュアスケート女子となんか変なロシア人とマゾっ気のある相撲少年。
 
ごく普通の男の子チームに強烈なボケ2人とツッコミ1人が加わり、戦力以上におもしろさがパワーアップしましたね。
僕が一番気に入っていたのはロシア人のシェフチェンコくん!
少々、クレヨンしんちゃんとキャラがカブるけどなんか憎めない魅力がありましたね。試合での活躍の方も見たかったとこです。
 
 
登場人物ならば、主人公のホッケーど素人監督も良かった。
タップダンスと「がんばれ!」と応援するぐらいしかできないと思ったら、大学時代に覚えたという児童心理学を駆使して言葉巧みに子供たちのモチベーションを上げているとこは、かなり関心させられましたよ。
特に気に入ったのは「怒りをガソリンに変えろ!」という言葉。
それを言われた後の子供のパワーアップ演出も良かったですけど、単純な思考であればこの上なく勇気が湧いてきますね。
 
 
感動できるところも、難病や訳あり家庭のおかげであると思いますけど、僕はこの映画に関しては楽しい部分の方を強くオススメしておきたいとこですね。
 
 

(評)★★★** 上質鉛星 
 
 
人気ブログランキング←押してね。
 
 

|

« アイ・アム・レジェンド | トップページ | 2007年公開映画ベスト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/171746/9588522

この記事へのトラックバック一覧です: スマイル 聖夜の奇跡:

« アイ・アム・レジェンド | トップページ | 2007年公開映画ベスト »