« 2007年公開映画ベスト | トップページ | サイドカーに犬 »

2008年1月 8日 (火)

AVP2 エイリアンズVSプレデター

こんなイタリア料理は見たことない!!
 

まあ…、イタリア料理なんて出てきませんでしたけどね。
今作に出てくるプレデリアンという怪物名がイタリア発祥の料理みたいだったので言ってみただけです。
 
 
そんな訳で今作ではエイリアンとプレデターを8:2でブレンドしたというプレデリアンという新種の登場だそうです。
話の内容はそのプレデリアンが誕生してしまった宇宙船が、ある街から離れた森に墜落してしまい。その「ある街」マジヤバイという展開になるというわけですね。
 
街の名は忘れましたけど、終盤になるにつれ少し気に入らないとこがありました。
まあ、こういう映画だから仕方ないと思いますけど、
 
人が死にすぎ
「とにかく殺しとけ」というような感じがしたので気に入りませんでしたね。
妊婦が、まあ、ファンサービスのたぐいなんでしょうけど、無残に殺されたりね。
一番、すごいと思ったのはガンショップの男×2!
それはもう出てきた瞬間に死相のようなものが見えましたからね。
「あ、死ぬな。」って。
で、死ぬシーンが2人同時だったとこもすごい。
2人1組なんですよ。派手さを演出するためだけに。
 
  
まあ、気に入らないとこはこのへんにしておいて良かったとこいきましょうか。
 
プレデターが強いとこでしょうかね。
今作は一匹だけ出てきて、エイリアンをズタズタと始末していきます。
このプレデターは「ザ・クリーナー」というエイリアンの駆逐を任務とするプロらしいですね。
でも、こんな設定、鑑賞後にチラシを読んで気づきましたよ。もうちょっとわかりやすくならなかったんでしょうか。
あと、戦う目的がよくわかりません。
エイリアンを根絶やしにできるならいいんですけど、エイリアンが街に出て増えるに増えてしまった後は、
 
「もう、どうにもならないだろ…」
という感じになり、任務失敗が明らかなプレデターの存在理由がほとんど0に等しいような感じになったんですよね。目的がなくなったら格好よさ激減だなー。
 
……おっと、「良かったとこ」でしたね。
プレデターの武器が格好いいな。「貼り付け式レーザートラップ」「プレデターウィップ」「プレデ液」に一番使っていた
「プレでっぽう」
 
名前は勝手につけさせてもらいましたけど、武器で戦う姿がプレデターの魅力かと思いますね。 
 
 
まあ、前作を観ていたので…ということで観てみたこの「AVP2」なんですけど、僕は前作の方が良かったですね。
タイトルで「VS」と言っているので、人間の生き残りとかどうでもいいので2匹の決着を見たかったとこです。
また次回作があるような終わり方でしたね。
「プレでっぽう」はどうなるのでしょうか?そしてこの銃に正式名称はあるのか!?
 
 
(評)★**** 星一つ
 
  
 
人気ブログランキング←押してね。
 
 
 

|

« 2007年公開映画ベスト | トップページ | サイドカーに犬 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/171746/9634048

この記事へのトラックバック一覧です: AVP2 エイリアンズVSプレデター:

» 脚本レビュー「AVP2 エイリアンズ vs プレデター」 [独身社会人映画ファンmixiコミュニティブログ]
“ザ・クリーナー”は最強戦士ではあっても混血でもサイボーグでもないので、 外見上、基本的に他のプレデターと一緒です。 細かく見ると身体に過去の闘いの傷があり、 下顎のひとつが酸性の血で溶けて無いのだそうですが、 暗い画面上、スクリーンでの確認はほとんど無理です。 武装では肩のショルダーキャノンが左右両方に増えていること、 エイリアンの尾から作られた鞭を振るってエイリアンそのものを両断してしまうこと。 エイリアンを一発で粉みじんにする融解液の散弾を持っています。 この散弾はのちに人間の主人公の手に渡り... [続きを読む]

受信: 2008年1月10日 (木) 午後 04時37分

« 2007年公開映画ベスト | トップページ | サイドカーに犬 »