« ガンジス河でバタフライ | トップページ | 陰日向に咲く »

2008年1月31日 (木)

キサラギ

「え、え~~~!?」
こんな感想の連続でしたね。これはとんでもなく驚かされましたよ。
ほんとによくぞここまで作りあげたなあ、といった感じです。
  
何に驚いたかは言えませんが、観賞後は上質なコントを見せてもらえた感じで、出演者5人には拍手で称えたいぐらいでしたから、かなり良かったです。


話の内容は、その5人が如月(きさらぎ)ミキというアイドルのファンということで、ある場所に集まったんですよ。で、何で集まったかというと、そのアイドルは1年前に自殺しているということで、1周忌ということで集まったんですよね。
まあ、そこでワイワイやってるうちに「実は自殺ではない」という話が持ち上がり、場は緊迫した空気に包まれる……。
 
そこから「え~!?」という展開になっていくんですけど、僕が一番面白いと思ったのは、5人のキャラクターですね。
簡単に紹介すると……
 
・家元
主催者・まわりを気にしすぎ。
 
・安男
田舎っぺ・小心者
 
・スネーク
何かとうるさい。
 
・オダ・ユージ
堅実・無愛想。
 
そして、最も注目を集めるのはこの男!
 
・いちご娘
変なおじさんとしか言いようがない。
 
このいちご娘はインパクト大でしたね。絶対、会場に来る前に職務質問されまくっただろ!というぐらいの挙動不審キャラ。
一番の見所はオダ・ユージとのケンカでしたね。挙動不審とはうって変わって熱くヒートアップ!このへんは演じている香川照之に「さすが」と言いたくなるばかりです。
 
とにかく5人のキャラが奥深い。
是非ともその個性的な性格に注目して頂きたいですね。
 
 
この映画は「完璧に作られている」
…という感じがしましたね。そんなわけで、先ほど個性的なキャラ良いと書きましたが、逆に脚本の上で作られたキャラという印象があり、人間味が薄れてしまっている感じが少し残念でしたね。 
 
でも、そんな訳で脚本としては、あとコントとしては100点をあげたいと思いました。
 
  
 
(評)★★★★* シルバースター賞
 
  
 
人気ブログランキング←押してね。
 
 

|

« ガンジス河でバタフライ | トップページ | 陰日向に咲く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/171746/10109819

この記事へのトラックバック一覧です: キサラギ:

» 辛口雑記帳 [,キサラギ]
またきまーす。僕のサイトも見てくれると嬉いっす! [続きを読む]

受信: 2008年1月31日 (木) 午前 03時42分

« ガンジス河でバタフライ | トップページ | 陰日向に咲く »