« デス・プルーフ in グラインドハウス | トップページ | タロットカード殺人事件 »

2008年3月17日 (月)

犬と私とオカンと10の約束

「オカンの下着くっさ!という顔をしないこと」
私は愛犬に10個目の約束を伝えて、今日もヘルブレイカーと散歩へ行くことにした。
ヘルブレイカーという名は間違っても女の子の私が命名したと思わないでほしい。
ゲーム好きの兄が、3年前に拾ってきた時に強引につけた名前だ。
そのころ私は特に興味がなかったので軽く流したが、今となっては道端でこの子の名前を訊かれるたび、このへんてこりんな名前とその由来を話さなくてはならない。
名前と由来はセットになっているという感じもめずらしい。
 
私とヘルブレイカーが家の敷地を出ようとした時、買い物から帰ってきた私の母とはちあわせ母は言った。
「今から散歩かいね。そういえば、さっき考えとったんだけど、あんたとヘルちゃん10の約束してるやんか。それ私もまぜてもらえん?」
この母は突然何を言い出すのだろう。私は思わずヘルブレイカーがオカンの下着の臭いをかいだ時のような顔になる。
母は私の顔を了解を待つような顔で除きこむ、私が嫌といえない性格だとわかっているのだろうか。
「いいよ。」
面倒くさい駄々を聞くのも嫌なので私は了解した。


その日の夜、私は10の約束を考えた。
お風呂で考えていたら、やたらと考えが浮かんだ。お風呂はいつも脳波が安定するような感じがする。血液の流れもゆるやかになる。それがいいのだろう。
 
犬と私とオカンの約束10カ条
1.オカンと気長につきあうこと
2.オカンを信じること
3.オカンにも女心があることをわすれないでください
4.ヒステリックな時は理由があります
5.オカンの話を聞くこと、話すだけで気が晴れます
6.オカンをたたかないこと。本気になったらオトンより強いことを忘れないでください
7.オカンが年をとっても仲良くしてください
8.あなたには学校も友達もある。オカンはヨン様がいます
9.オカンが死ぬ時。お願いですそばにいてください。
10.オカンの下着くっさ!という顔をしないこと
 
さっそく、オカンに見せた。
オカンの目からうっすら涙がにじんだ。
「あ、あんたこれあたしのことしか書いてへんやないの」
そう、私はオカンのことだけ書いた。オカンは寂しかったのだ。ヘルブレイカーと仲良くする私を見ていてそう思ったのだと思う。
私は親孝行でもしたかのような気分にひたっていたら玄関のドアが開いた。
「ただいま!」
兄だ。兄は腕に子犬を抱えていた。
「まさしん家の子犬もらってきたんだ。飼っていいでしょ。名前はバハムートね。」
兄は自分勝手に言うが私は兄にむかって言った。
「バハムートは却下。」
  
 

人気ブログランキング←押してね
 
 
 

|

« デス・プルーフ in グラインドハウス | トップページ | タロットカード殺人事件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/171746/11429589

この記事へのトラックバック一覧です: 犬と私とオカンと10の約束:

« デス・プルーフ in グラインドハウス | トップページ | タロットカード殺人事件 »