« スピード・レーサー | トップページ | 百万円と苦虫女 »

2008年7月29日 (火)

ジャンパー


「時計を見張るバイト、時給550円」
 
 

世界中を自由に瞬間移動できる能力者ジャンパー。
たいへんうらやましすぎる能力です。念じるだけでいいので、どこでもドアよりも良い。ドアノブをひねる手間がないからね。
 
 
話の内容は、ジャンプ能力に目覚めたデヴィッドが、その能力で好き勝手に遊んでいたら、パラディンというジャンパーを退治するというわけわからん集団が現われる。で、そのパラディンはジャンパーの身内まで平気で殺すとのことで、デヴィッドは愛する恋人を守るため戦うぜ!というような感じ。
 
いやー、なんといってもジャンプ能力が格好いい上にうらやましすぎますね。
もう車や電車で移動してることがばかばかしいと思えてくる程ですよ。
 
とにかくジャンプの映像にはとことんこだわったぜ、というような感じでした。
宿敵パラディンだとか恋人を守るだとかは完全に後づけしたようなものじゃないでしょうか。
そんなジャンプ映像の中で僕が一番気に入ったとこを言うと、
小刻みにジャンプしながら相手に迫るとこですね。なんというかスピード感が良かったです。
しかも「これはジャンプ能力じゃなくて、俺が本来持つスピード能力だぜえ」というような顔で迫っていて、あまり認めたくはないけど格好いいものを見せてもらいました。
 

パラディン側もなかなか見逃せなかったですね。ジャンパー退治の道具を次々と開発しては襲ってくるようですけど、とび出す電気ショック棒でつかまえ、脳を痺れさせてジャンプできなくするとは面白いものでした。
しかし、ジャンパー側も手強くて、ジャンパーに負けたパラディンはサメの住む海域に飛ばされるとかいうのはむごすぎますね…。同情します。
 
 
 
ラストは場所じゃなくて時間をジャンプしたか!?と一瞬思ったけど違いました。
まあ、そこまでやっちゃったらついていけないと思うのでできればやめてもらいたいものですけどね。
 
  
 
(評)★★★** 上質鉛星
 
 
 

人気ブログランキング←押してね
 
 
 
 

  

|

« スピード・レーサー | トップページ | 百万円と苦虫女 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/171746/22566982

この記事へのトラックバック一覧です: ジャンパー:

« スピード・レーサー | トップページ | 百万円と苦虫女 »