« 百万円と苦虫女 | トップページ | 人のセックスを笑うな »

2008年8月16日 (土)

ライラの冒険 黄金の羅針盤


「こ、これが100円んんん!!」
 
 
 
羅針盤と嘘を武器にして戦う女ライラ!
子供ということで腕力がないのでどんな活躍を見せるかと思いましたけど、そう来たかという感じです。
 
 
話の内容は、すべての人にダイモンと呼ばれる守護霊みたいな動物がついているという世界で、子供が消えるという事件が起こる。で、ある日ライラは、コールター婦人という女に旅の同伴をするよう頼まれついていくことにしたのだけど、いろいろあって脱走。そこから様々な旅の仲間と出会いながら消えた子供を捜す。
 
 
まずはダイモンという守護精霊がいるという設定が面白かったですね。
常に話し相手がいるというのはいいね。でもコールター婦人のダイモンである猿は鳴き声だけで喋らなかったんだけど、そのへんはどういう違いがあるんだろうか。
そのへんは不明だけど、自分の精神がむきだしになってるってのは面白い。ダイモンが不細工だったらその人の心は不細工だということでしょうか。
外見だけでなく性格の美容も大切になる世界。不安だ…。

ライラの冒険ということで、ライラさん冒険してましたねー。
一番の冒険はやっぱりヨロイ熊属のボスの弱みに付け入り騙すとこですかね。
最初にも書きましたけど、今までの情報を元に作りあげた嘘と羅針盤を駆使して見事に熊ボスVS味方の熊であるイオレクの戦いをつくりあげました。
クマ対クマの戦いは見応えがありましたよ。
 
 
この映画はどうやら3部作らしいですね。ラストもまだまだ続きがあるよ、というような感じでした。気になるのはダイモンと人の関係がどうなっていくのかということかな。
 
 
(評)★★★** 鉛星
 
 
 
人気ブログランキング←押してね。
 
 
 

|

« 百万円と苦虫女 | トップページ | 人のセックスを笑うな »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/171746/22566836

この記事へのトラックバック一覧です: ライラの冒険 黄金の羅針盤:

« 百万円と苦虫女 | トップページ | 人のセックスを笑うな »