« ハンコック | トップページ | リアル鬼ごっこ »

2008年9月23日 (火)

20世紀少年


「ほら、噛んだ後のガムはちゃんと紙に包んで捨てろよ。」
「紙でかすぎるよ!」 

 
 
 

原作のマンガが大人気とのことで映画化ってとこでしょうかね。
いやー、キャストがすごすぎるな。
テレビ画面の中までも有名人使っちゃってるよ!
 
 
普通に暮らしていたのだけど、身の回りで起きているテロ事件の内容が、子供の頃に自分が書いた世界滅亡の「よげんしょ」と同じだ!という設定がおそろしいですね。
子供の頃ふざけて書いた細菌兵器だとか巨大ロボだとかが現実に出てくるなんて「そんなバカな」ですよ。
 
3部作の第一部とのことらしいですけど、キャストの使い方が贅沢ですねー。タカアンドトシやオリエンタルラジオやら、今が旬の木下優樹菜をそのまんまのギャル役で使ったりしてましたけど、僕が一番印象に残ったのは、ピエール一文字という指パッチン教祖キャラを演じた竹中直人ですね。
刺されたときの顔がすごかった。チョイ役キャラで数分しか出てないのだけど、3部作分の働きを見せるかの如くの「すごい絶叫顔」でした。
ベテラン俳優の心意気!この脳にしかと刻み込みました。
 
 
原作の方でも誰だ誰だ?と騒がれていたこの映画のラスボス的な位置にいる「ともだち」なんですけど…
映画ではバレバレだったと思います。
体形とか喋り口調でばれてしまうんじゃないかと思いましたね。
 
 
いやー、この先原作をどうやってまとめていくのか興味が沸きますね。
まとめるのが難しそうなので上映時間3時間とかありうるんじゃないかと思えてきましたよ。 
 
 
(評)★★★** 鉛星 
 
 
 
人気ブログランキング←押してね。
 
 

|

« ハンコック | トップページ | リアル鬼ごっこ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/171746/23716883

この記事へのトラックバック一覧です: 20世紀少年:

« ハンコック | トップページ | リアル鬼ごっこ »