« ハプニング | トップページ | ダークナイト »

2009年2月26日 (木)

しゃべれどもしゃべれども

落語に少し興味があって、楽しく知ってみようかな。というような感じでDVDレンタルしてみました。と、いう感じで鑑賞していたけど知れたかどうかはわからない。でも、まあ、たぶんなでる程度には知れたのではないかと思います。
 
 
今回、落語を見て思ったのは、やはりお笑いの基礎だなあ。ということですね。漫才のM-1グランプリでもピン芸のR-1でも、やはり、「喋り方」はマスターしなくてはなりませんね。
喋りに感情を込めたり、絶妙ともいえる間をとったりと、そう思うと笑いだけではなく俳優や歌手などエンターテイメント全般に必要な能力なのかもしれませんね。落語ってのは。
 
 
落語感想はこのへんにしておいて、ドラマの方に目をむけるのならば、主人公が話し方教室を開き、そこに来た生徒達との交流が良かったですね。
教室では話す為の心理学やらコミュニケーション学を教えるのではなくただ落語を覚えさせるだけで上達するのか不安でしたけど……まあ、滑舌は良くなるんじゃないかな。
 
でも、話がうまくなるっていう感じはしませんでしたね。
むしろ上達した感じがするのは、教室外でのデートだとか居酒屋でのグダグダの中でしたね。
それらを見ていると話が上達するのは、素直に話しまくることが一番なんでしょうかね。
あと、笑うこと。
これは香里奈に言えたことでしたね。
香里奈は終始への字口のだんまり顔で、もうこっちから口の端を無理矢理つりあげて「笑えや~」って言ってやりたいぐらいでしたよ。
でも、最後には笑ってくれてホッとした気分になりました。
 
 
全体的に癒されるような下町の風景が良かったと思います。
まだ昭和のなごりが残るような感じがいい。
 
 
 
(評)★★*** 梅星 
 
 

 

|

« ハプニング | トップページ | ダークナイト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/171746/28304028

この記事へのトラックバック一覧です: しゃべれどもしゃべれども:

« ハプニング | トップページ | ダークナイト »