« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月28日 (火)

闇の子供たち 感想

宮崎あおい、江口洋介、妻夫木聡やら豪華キャストで贈るタイで実際に起こっているという児童買春、人身売買をテーマとした深く重そうな作品。
あまりこういうものは好かないのだけど、たまにはこういう社会派と言われてるような映画を観て何かを思うことも大切かと思い鑑賞。
 
まずは、タイで6才か7才ほどの男の子女の子が、様々な国から来た大人に性的行為を強要されている児童買春がひどいものですね。
さんざん客にやらせて、エイズにかかった子供は生きたままゴミ袋に入れて捨てる。
まるで物みたいな扱い。
このむごさは、後にゴミ捨て場から袋を破って出てきて妹の名前をだけ呼びながら這いずって生きようとする子供の姿を見ることで、重く感じるものがあります。
 
 
そんな心にズシッとくるものがあるからこそ、キャストの演技も冴えるのでしょうか、宮崎あおいは迫力がありましたね。
自分の子供を救うためタイの子供の命を犠牲にして臓器移植を行うという夫婦に
「タイの子供が死んでもいいのか」とストレートな問いを投げかけるとこなんかは、
「そこまで言わんでも!」「お、落ち着けって!」とつっこみたくなるような勢いでした。
 
 
重いテーマで、最初から最後までズシーーっとくるのかと思ったけど、終盤はエンターテインメント性を取り入れてきていましたね。
驚きが裏切り、発砲、秘め事と3連続であったと思います。
今もどこかで幼児売春が…と思うと、気持ちの良くない思いです。
 
 
(評)★★★** 鉛星
 
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月26日 (日)

ICHI  感想

美しい女が剣をふるい、血しぶきを舞わせるというようなバトルヒロイン的な映画でした。
盲目の剣士の生き様を描いた「座頭市」という映画の主人公を女にしてやってみようという試みが面白いですね。
 
主演の女剣士が綾瀬はるかとのことで、どうなることやらと思いましたが、なかなか良かったですね。その美顔を駆使して綾瀬はるかにしか出せない魅力に引き込まれました。
顔のアップが多くて、まあそのへんはわかって撮ってるなあ、と納得でした。
 
大沢たかお、窪塚洋介、中村獅童などICHIの周りを囲む豪華俳優陣もいる中で、この映画の魅力はなんだろうと考えたんですが、やっぱり綾瀬はるかが美しいということが印象に残りますね。
刀をふりまわすシーンや水辺でもの思いにふけるシーンはもちろん美しいし、過去の回想シーンではその魅力がさらに深まる。
最後まで見とれさせていただきました。
 
 
話の内容では北野武が務めた「座頭市」のほうが面白かったのですが、観賞用としては「ICHI」が良かったですね。綾瀬はるか好きは是非。
 
 
 
(評)★★★** 鉛星
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年4月 2日 (木)

ウォンテッド

平凡な三流サラリーマンが実はスゴ腕暗殺者の息子だった!という「一般市民の方々よ、思いきり感情移入してテンションあげてくれよな。」という感じの作品ですね。
 

話の内容は、いきなりハードな美女(アンジェリーナ・ジョリー)に暗殺者組織の隠れ家につれてこられて、そこで聞かされた父を殺した暗殺者とやらを倒すため修行を始める…という、まあ、大雑把に言うとこんなとこですが、この映画で真に注目したいのはやはり映像ですね。
 
このウォンテッドでは銃の技術が超人すぎますね。
飛んできた弾を弾で撃ち落とすのはあたりまえで、この暗殺者界の中では放った弾をカーブできるようになれば一人前だそうです。
弾を曲げるなんてバカバカしいもんだと思いますけど、撃つ時の腕をムチのようにしならせる動きがなかなかカッコよくていいですね。 
 
 
個人的にコレいいなと思ったのが回復の風呂ですね。
骨折したり切られたりした傷を一瞬……とはいきませんが、どうやら白血球の働きを活性させ自己治癒力を高めて普通よりも断然早いスピードで直すそうです。
いつかこういうことができる入浴剤ができるといいと思いましたね。
 
 
ストーリーはそんなに気にせずドンパチ映画として楽しめばいいかと思います。
格闘技みたいなピストルVSピストルの戦いはなかなか燃える。
 
 
 
(評)★★★** 鉛星
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »