« 2009年4月 | トップページ

2009年5月 5日 (火)

幸せのちから 感想

こんな不況と言われてる時代だからこそ観てみたいサクセスストーリーとのことで鑑賞してみました。主人公(ウィル・スミス)の息子役が、これまたウィル・スミスの実の息子ということにも驚きだ。
息子さんは、撮影中ずっと親父と一緒だったわけだから、その年で親の仕事というものが間近で見ることができてとてつもなくいい経験をしましたね。
 
 
で、本編の方なんですけど、貧乏から億万長者へとのし上がるサクセスストーリーと見るよりかは子供の接し方について見習うとこが多かったような気がします。
一番気にいったとこは、息子が絶望的になってるとこで、手に持っていた何の変哲もない骨密度を計る機械をタイムマシンということにして、即行で子供を楽しませるストーリーを考えてしまうという発想。
それに加え子供を夢中にさせる迫真の演技力。
まあ、俳優のウィル・スミスなら日常生活でも普通にやっていそうですね。
 
 
住む家もない状態で息子とともに貧乏生活を送り続けるわけなんですけど、最終的には成功を手に入れます。
成功するのはだいたいわかっていたけど、このシーンはグッときましたね。
物語のほぼ全てが貧困状態だったからでしょうかね。まあ、ルービックキューブをうまいこと完成させる能力があったり、社交的だったり、もともと実力のあった男だからこそかもしれませんね。
 
 
この映画を見終わったあとは
「やるべき目標があるのならば、公衆便所で一夜を過ごすような貧困になってでもあきらめずに頑張れよ!」
…というようなメッセージが伝わってきたような気がしました。
 
 
(評)★★*** 梅星
 
 
 

| | コメント (35) | トラックバック (0)

2009年5月 4日 (月)

バグズ・ワールド 感想

日本の軟弱アリよ、これが本場のアリたちの実力だ!
 
西アフリカの中央サバンナで繰り広げられたという、オオキノコシロアリVSサスライアリの戦いを知った監督が「これスペタクル巨編くらいのすごさがあるんじゃね?」と思い最新の撮影技術を駆使して「主演:アリ」というネイチャードキュメンタリーをつくったそうです。
 
日本にはいない本場のアリに驚かされましたね。
まずは、オオキノコシロアリがつくる巣。日本みたいに穴を掘るのではなく、かまくらみたいな要塞を築き上げています。
こんなものを日本で造ったら、悪ガキに即効で穴にバクチク入れられたりして大破です。
サバンナという広大な自然の中だからこそできた天然の芸術ですね。
 
対するサスライアリもすごいです。というか凶暴ですね。
行く手をはばむ巨大な蛇がいたんですが、何万匹ものサスライアリで一斉に覆ってしまい蛇だかアリだかわからん姿にして殺してしまいます。
こいつらなら人間でも殺してしまいそうです。寝ているところを内臓にまで侵入して……考えるだけで恐怖!
 
終盤ではついにそのアリたちが激突します。
勝つのは無敵要塞のオオキノコか?完璧なまでに統率された動きを見せるサスライか?
決着はそんなに意外性がありませんでしたが、まあこんなもんでしょうね。
 
 
今回ちょっと変わった映画が見たいと思って観てみたんですけど、話の内容としては良かったです。
ただ、アリがアリを食い殺したり、無数の足がワシャワシャ動くとこをアップで見せられるとどうしても胃のあたりが気持ち悪くなります。
食事中の鑑賞は絶対にやめることをオススメします。
僕はネギトロ丼を喉に入れた瞬間、胃が拒否反応を起こしたみたいでリバースしました。
  
 
(評)★★*** 梅星
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2009年4月 | トップページ